これこそ地球温暖化では?





JUGEMテーマ:日記・一般


EM珪藻土山崎の無垢杉材を使った自然素材の新築住宅。
女性コーディネターとつくる想いを叶えるスタイルリフォーム。
21日完工システムでこだわりの繁盛店を作る店舗デザイン施工。

の3つを誠心誠意の完全自社施工でご提供しております、
神戸の西のはしっこで農耕型?建築工事会社を営んでいるオヤジの日記です。
今日も素晴らしい天気。爽やかな秋空が広がりました。
午前中から昼にかけて須磨海岸で行っているビル1棟丸ごとリノベーションをしている現場にて定例の打ち合わせに出席しました。
打ち合わせの終了後は折角だからとランチは須磨駅前のおいしいと有名なコペンハーゲン・ホットドッグを買って海辺に出て頂きました。

すっかりきれいになった海の色はまさに秋色。
ボラがバシャバシャと水面から飛び跳ねておりました。

お昼休みの少しの時間ですがこうして気軽に海岸の防波堤で食事を出来る環境にホント感謝することしきりでした、心がすっとして一日中機嫌よく働くことが出来ましたよ。

さて、お題目です、来週の火曜日は昔の暦、24節気でいうところの立冬。
まさに冬の入り口です。
その立冬の期間をもう少し細かく分けた七十二候では以下のとおり。



初候 山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める(日本)

水始氷(みず はじめて こおる) : 水が凍り始める(中国)
次候 地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める(日本・中国)
末候 金盞香きんせんか さく) : 水仙の花が咲く(日本)
    野鶏入水為蜃 : 雉が海に入って大蛤になる
(中国)
要するに、そろそろ霜が降りて氷を張りだしましょうか、という季節です。
それがなんと本日の気温は25度を越えて夏日!
netではこんなニュースも、、
来週「立冬」…でも冬遠く – 速報:@niftyニュース
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2011110401000653/1.htm
実際、昼の防波堤の食事では少し汗ばむくらいでした。
しかし!そろそろ帰ろうと歩き出してふと見かけたのはこの衝撃の光景!

なんと!11月廻っているにも拘らず上半身裸になって浜辺で体を焼いている人がいるではありませんか!
もしや風邪を治しに海に来た姫路のきよちゃんか!という疑いもありますが、問題なのはそこではなく、その姿を見ても違和感を感じないほどに暖かかった、というより暑かったことです。
そういえば、リーマンショック後、だあれも口にしなくなった地球温暖化阻止への取り組みはいったいどうなったのでしょうか。
原発の稼働を止めているのは電力各社にコスト高の大きな負荷をかけているという報道はみましたが、火力発電に戻ったことでどれくらいのCO2の発生量を増やしたか?という報道は一切見なくなりました。
考えることを面倒だと思い始めた、もしくは考えないと言われる現代の日本人の思考では、つい「All or nothing」 という単純明快なものへ傾倒しがちなのかもしれませんが、少し前まで二酸化炭素の排出権を高いお金を出してまで買って取引しようとしていたあの勢いはどこに行ったのでしょうか。
原発の制御が今の人間の科学力では手におえない以上、稼働するのは間違いだと思いますが、だからいくらでも火力発電を続けてもいいという根拠にはならないと思います。
この美しい海や山を次世代に引き継ぐ責任を常に忘れることなく日々を過ごさねばと改めて思った次第です。

こうやって毎日更新できているのは皆さんの応援のおかげです!
ご面倒だと思いますが清き1票をお願いします!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ

今日のECO=既設管 利用の提案 採用す
リノベーションの案件では、お施主様にしっかりとメリットデメリットを伝えて少しでも効率よく、本質的な価値を壊さない提案が必要不可欠ですね。
告知をすこしだけ、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください