投稿者「高橋 剛志」のアーカイブ

主君 井伊の赤鬼・直政伝 〜missionの力〜

令和2年2月15日 曇り

初めての主客

今日は月に1度の茶の湯のお稽古。いつもの滋賀県の個性にある和邇の先生宅へと向かいました。例年1月の初めの稽古で先生に催していただく初釜を今年は少しイレギュラーですが2月に行うことになり、少し遅めではありますが金と銀の重ね腕でのお濃茶を喫して、御点心にお手製の海老しんじょうの椀物、日本酒をいただきながらの八寸、最後に薄茶をいただいて1年に1度の茶事形式の稽古をつけていただきました。おまけに、期せずして、お稽古とは言え初めて主客を務めさせていただくことになり、いろんな意味で印象に残る初釜となりました。先生、そして同席いただいた皆様に心から感謝申し上げます。

滋賀つながり。

私はご縁があって茶の湯のお稽古に長年滋賀まで通い続けておりまして(年数を重ねている割には大してお点前も出来ないのですが、)一応、表千家滋賀県同門会に入門しています。滋賀と言えば茶人としても有名なあの井伊直弼公の井伊家ゆかりの地であり、有名なお寺や彦根城でのお茶会に参加させていただくこともしばしばあります。そんなことから少し前の大河ドラマで取り上げられた直虎も熱心に見ておりましたし、その後、徳川家康の天下取りに大きく貢献し、長い間徳川幕府の筆頭家老として活躍した井伊家には少なからず関心を持ってきました。先日、本屋さんで面白そうな本がないかと物色していた際に、表題の「主君」と言う“井伊の赤鬼”と言われた井伊直政を取り上げた歴史小説を見つけて読んでみました。

井伊直政と木俣守勝

戦国時代の荒波に翻弄され、お家断絶の憂き目に合っていた井伊家が徳川の世になって譜代大名の筆頭に躍り出たのは、下克上の戦国時代とはいえ通常だったら考えられない位のものすごい出世であり、それは井伊の赤鬼と恐れられた直政の活躍によるものだと、戦国時代の小説を読む中でなんとなく認識しておりました。今回、直虎の甥にあたる直政の生涯を辿るこの小説を読んで、家名再興の使命を背負って生き抜いた男のすさまじい執念を改めて思い知りました。尋常な決意では無かったのだと。またこの小説の中心人物は間違いなく井伊直政ではありますが、主人公は歴史の表舞台であまり登場することのない、無名といっても過言ではない木俣守勝なる徳川家康の小姓から旗本になりながら、生涯、直政の補佐役に徹した武将となっており、直政の躍進を支えた影の人物の目を通して、封建社会の根本的思想である「忠義」や「主君」といった民主主義、国民主権となった現代社会ではすっかり関係がなくなったと思われている価値観を浮き彫りにしています。以下に文春文庫の作品紹介を転載しておきます。

主君 高殿円著

主君 高殿円著

「主君」作品紹介

その男は、たった一人の井伊家再興の希望だった──。

お前の“主君”はだれだ?
人は何のために人に仕えるのか。
家康に寵愛され、その苛烈さから「赤鬼」と呼ばれた井伊家第17代当主・井伊直政の生涯を、家臣・木俣守勝の目を通して描く。
(中略)
たった一人の井伊家再興の希望として、直虎はじめ一族の願いを一身に背負い、徳川幕府譜代筆頭にまで登りつめた直政。
戦になれば大将自ら一番槍で突っ込んでいき、命を惜しまない直政に終始振り回されながらも生涯支え続けた守勝。
対照的な性格から、守勝は直政に反発に似た感情を抱きながらも、我が身を守ることを知らぬ苛烈さに惹かれていく。
その二人の今生の別れは、苦い悔いに満ちたものだった。
数多くの作品が映像化、漫画化されている著者の初めての歴史小説が、大河ドラマに先駆けて井伊直虎を描いた『剣と紅』。これに続き、井伊家第17代当主・井伊直政を描いた歴史小説二作目。

読書は稀代の英傑の人生を体験する手段。

私は子供の頃、書店経営者だった父親に「本を読むというのは人の人生を間接体験することだ」と教えられて、歴史上の人物、特に戦国時代と幕末の英傑たちの活躍を取り上げた本の読書にのめり込みました。小説の世界に感情移入してまるで自分が織田信長や黒田如水になったかのような錯覚に陥り、その当時は現実世界での判断基準が、苦楽や損得では無くドラマチックに生きられるのはどっちだ?と考える様になり、自ら面倒を引き込む様な選択をする様になりました。実は、大人になった今でもそのきらいが残っている様に思います。(笑)
この小説を読んで感じたのは、主君、忠義という価値観には表と裏があり、直政はその本質を突き詰めることで、願望を現実にする力を得たのではないか、ということです。それは守勝には立身出世の手段であり、誰に仕えるかは家臣が決めるのだ。という処世術に近い考え方で死んでは元も子もないと考え、直政が御家再興のただ一点の目的の為に、未だ天下を取れるとは決まっていなかった、というより全く先行きが見えない時点から家康にその命を捧げ、身命を賭して家康の勢力拡大と共に井伊家を再興を一蓮托生として忠義を立てていたのとは明らかに概念が違います。

Missionに生きる人生

少しネタバレになってしまいますが、井伊直政が戦の前に常に起請文に記し続けて、そして戦場で一番槍に駆ける際に唱えた誓詞とも内容を同じくする「井伊氏滅亡よりおよそ四〇年、我らが本懐のため、馬や武具を選ばず、兜で頭を守らず、無為に命を惜しまず、常に天の下隠れるところなきにあって正八幡大菩薩あまつ大小神、薬師如来三世諸仏、御照覧候え!」という自分自身への激しい檄とその思考を血肉にまで行き渡らせて鬼神と化して戦場を駆け抜けたのは、今でいうところのmissionに正面から向き合い、人生を賭けた男の凄みを感じさせられ、本を読んでいて鳥肌が立ちました。使命を深く見つめることの重要さは今更いうまでもないですが、使命に生きて本懐を遂げた男の人生を疑似体験出来たのは本当に素晴らしい経験でした。今一度、お天道様に恥じない生き方を積み重ねようと決意を新たにした次第です。ちなみに、今月の元祖職人起業塾改め継塾の勉強会のテーマはmissionです。ご一読される事を強くお勧めします。


一般社団法人職人起業塾 @関西塾生募集中! 2020年5月開講予定 【6ヶ月研修】
卓越の戦略 現場改革実践コース 現在先行予約受付中!

助成金活用等、お気軽にお問い合わせください! https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/

2020度関西職人起業塾先行募集

2020度関西職人起業塾先行募集

2020度関西職人起業塾先行募集


卓越の戦略 オブザーバー参加受付中! 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】

@博多会場https://www.facebook.com/events/238006957200129/
@東京会場https://www.facebook.com/events/1605666316254443/


【満員御礼につき募集締め切りました!】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月17日(月)14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2480892465462062/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg


【つむぎ建築舎 アシスタント大募集!】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。ご質問、問い合わせはこちら

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。

こちらからどうぞ→https://www.facebook.com/job_opening/181417909849899/?source=post_homepage_stream&__xts__[0]=68.ARD6cyeIcMZSQ6TGu83xmwesSQ6zHEfPzU4_k0NITGWtURKkYkoQjbhTzJOn8bBaPT1UvCIrMcfTxQG6ZIwCka4rGVq8Iss_DWv5zSPZQrQMLl-qYUSFFoeIX1yaP3_jCbgfUPaPg7G2D5Mu2DIERyY7pjpTdnfx5m8ngnoeswfCZ7ECM5L0_Oq_T3yVvsghBrOIiM2atdrbv8LmZQmnZSM3OPztiDM6i1Coz7Ugf1isWre3Uc0amQBKpUbxXCHD7OfKJkglww-cog3zXVMzz785Hg0UKjwFPvNlFkMfHvAZKxNzO8Q09NcrSKOR7r8EpVJWd-3AuB3547QazIQWD1JXgExxCR5ErTc8mmoXIBbmvuFc&__tn__=HH-R


不思議なことがあるものだ。は無い。〜パンデミックと地価崩壊〜

令和2年2月14日曇りのち雨

1人朝活。

昨夜、風呂から上がって、寝る前のいつもの習慣である読書をする前に腰を伸ばそうとベッドのヘリに寝転んだまま眠りに落ちてしまい、今朝は朝活の日でもないのに無駄にやたら早く、まだ真っ暗な家から目を覚ましてしまいました。若い頃から4時間睡眠に体が慣れてしまっているとは言え、この2年間ほど朝活に通うことで、夜明け前に起き出すのに全く違和感が無くなりました。朝の時間がたっぷりゆっくりあるのはとても良いこと、習慣と言うのはたいしたものです。

パンデミック。

最近、そんなはずないのに不思議だなぁ、と思っていることが、やっぱり現実になったと言うことが多くあり、世の中はそんなに不思議なことがたくさんあるわけではなく、原理原則に従って流れていくのだと肌感覚で思えるようになってきました。直近の出来事で言うと、1つはすっかりパンデミックとなっているコロナウィルスの蔓延問題です。チャーター機で帰国した人や、クルーズ船の乗客を足止めして、躍起になって水際で感染の拡大を止めているニュースを見て、武漢で問題になった時、既に観光客が来日していたことを考えれば、既に日本国内で一般感染していてもおかしくないのに、と思っていたら今日のニュースで中国に渡航歴のない方が複数感染したと言う報道が流れていました。やっぱりな、です。
新型コロナウイルス 千葉県20代男性の感染確認 直近渡航歴なし

二次被害への対策は?

WHOはパンデミックでは無いと発表していた様ですが、世界中に感染が広がり、経済への影響も計り知れない筈なのに全く報道され無いのは不思議だなあ、と思っていたら、世界恐慌の引き金になる程の大きな影響が出始めていると発信されているエコノミストの記事を今日になって見つけました。闇雲に不安を煽るのは宜しく無いですが、目の前に迫る危機から目を逸らしてしまうのはもっとヤバいと思います。感染拡大の阻止も重要ですが、インバウンド頼りで投資を続けてきた観光事業者は政府としては緊急経済対策にもっと力を入れるべきでは無いでしょうか?先行き不透明な今の時代こそ悲観的に考えて楽観的に行動すべきだと思います。
新型コロナウイルス、世界の3分の2が感染する可能性も-専門家
“数ヶ月で中小事業者破綻”… 感染広がる新型コロナウイルス

不都合過ぎる真実。

住宅産業関連でもう一つ、近年空き家問題が大きく取り沙汰されるようになり、神戸もずいぶんと空き家が目立ち、売り出されている土地も古家付の物件が非常に多くなりました。資本主義経済圏ではあらゆる市場は需要と供給のバランスで価格が決定されると考えると、これだけ空き家が増えれば当然大幅な地価の下落が起こってもおかしくないと思っていましたが、神戸では今のところ土地の値段が下がる気配がなく、不思議だなぁと密かに思っておりました。冷静になって考えるとこれから30年で25%の人口が減り、同じ割合で日本のGDPが減少するとIMFが厳しい予測を発表したのを考えれば、地価が下がらないわけは無いのですが、住宅業界、不動産業界にとっては不都合すぎる事実であり、誰もが口にするのを躊躇い、そっと口をつぐんでいるのかなと思っています。

ありえない値引き。

実は、少し前に、とあるお客さんに奈良の閑静な高級住宅街の土地を購入したいと言われました。資金計画のお手伝いをしたところ、土地の価格が大幅に高く、返済リスクが高すぎるので購入をやめておいた方が良いとアドバイスをしたことがあります。そのお客さんは、ものは試しと私が作成した資金計画書を不動産販売会社に持ち込んで、売値の半分の価格で買えないか?と交渉をされました。私はさすがに無理でしょうと言っておりましたが、なんとその不動産会社がオーケーの返事を出されたのです。ありえない値引きに応じられたのを聞いて私は大いに驚きましたが、考えてもみればその周りは空き家だらけで、なかなか買い手がつかない厳しい現実があったようです。

地価崩壊。

不動産の価格は固定資産税の評価額や路線価等値段を決める基準があるのですが、最も重要視されるのは直近に近隣で取引された実勢価格です。同じエリア内で大幅な値引きで取引されると、その価格が実績となり次の全く関係ない取引にもそこ価格が影響を及ぼす様になります。そして、一度下がった値段はなかなか元に戻らないのは世の常です。今回、半額位まで価格を下げた取引が成立すると、その界隈に住んでおられる方の土地資産が半分消えてなくなることになりかねません。こんなことが明らかになれば、早く売った者勝ちと言う風潮が広がり、値崩れはどんどん加速してしまう可能性があります。

不思議な事は続かない。

私は最近、新築の相談に来られた方に、(場所によっては)将来土地の値段が半値近くに下がる可能性があることを伝えて、今までのように(少々高い価格で買っても土地の値段は下がらないから)資産として土地を持っておくと言う考え方は改めて、本当にずっとその土地に住み続けたいかどうかをよく考えて購入の判断をするようにお勧めしています。そんな話を聞いて購買意欲を高める人がいるはずもなく、私としても正直辛いですが、不思議なことはいつまでも続く訳がない原則に従うとそんな事は言いたくは無いですが、口にせざるを得ないのが現実です。てか、土地の購入を考えておられる方もアホじゃ無いし薄々気付いていると思うのです。私達にとって家を建ててお引き渡しした後で後悔したと言われる位、辛くやるせない事はありません。「ハコでなく暮らしを作る」と理念に掲げている以上、不都合過ぎる真実もしっかり伝えないとですね。。


一般社団法人職人起業塾 @関西塾生募集中! 2020年5月開講予定 【6ヶ月研修】
卓越の戦略 現場改革実践コース 現在先行予約受付中!

助成金活用等、お気軽にお問い合わせください! https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/

2020度関西職人起業塾先行募集

2020度関西職人起業塾先行募集


卓越の戦略 オブザーバー参加受付中! 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】

@博多会場https://www.facebook.com/events/238006957200129/ @東京会場https://www.facebook.com/events/1605666316254443/


【満員御礼につき募集締め切りました!】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月17日(月)14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2480892465462062/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

Missionを再定義すると事業計画が明確になる。

令和2年2月13日 曇り

立春に、ほぼ夏日!?

昨夜未明に降り出した雨は明け方にはすっかり止んでいました。今朝の神戸の気温は12度、靄がかかりしっとりとした空気と相まって暖かで過ごしやすい朝になりました。暦の上では立春が過ぎてそろそろ梅が蕾を膨らます頃、確かに暖かくなっても良い時期ではありますが、和歌山では夏日近くまで気温が上昇したとの事で、2月の上旬にしては異常と言うしかありません。当然、雪は溶けて無くなるし、農作物や様々な影響があるでしょう。過ごしやすさと裏腹に気候変動のもたらすそこはかとない不安を掻き立てられる1日になりました。いったい地球はどうなろうとしているのでしょうか。。

地球温暖化阻止は俺の問題。

先日からどうも鼻の調子がクズクズと悪く、一日中ずっとティッシュを片手に鼻をかみ続けている日が続いています。今日は自社のワークスペースの片隅に陣取って研修や講演の資料作りをしていたのですが、PCの脇にティッシュとゴミ箱を備え付けて集中しているような、イマイチ没頭出来ないような微妙な時間になりました。体温が高い訳でもなく、咳が出る訳でもなく鼻炎のみと言うのはやっぱり花粉症なのだと思いますが、2月からこの調子では先が思いやられます。これも気候変動の影響なのかと思うと、今後年を追うごとに加速する可能性がある訳で、地球温暖化対策は喫緊の課題だと改めて自分ごととして考え直してしまいました。小さなことでも自分に出来ることからやっていかねばなりませんね。。

テーマはmission

そんなイマイチ調子が上がらない中、来週に迫った毎月行なっている古典的マーケティング理論を学び、実践する勉強会「元祖職人起業塾」改め「継塾」の資料をまとめてみました。今月のテーマはmissionです。実はこの勉強会では毎年、基礎的な概念の見直しを行なっており、昨年も同じテーマでした。昨年はコトラー博士の預言から、マーケティング4.0でクライアントの自己実現を叶えるサービスを行うのに、欠落欲求ではなく、成長欲求を満たす必要があるという前提のもとに、その前段階で解決しなければならないクライアントの問題(欠落欲求) にどのように向き合うかを考えてもらいました。「〜しなければならない」のがmission(使命)であるという考え方で、そもそも、同業他社が出来ていない問題解決を目指すのはマーケティングの基本です。

再定義で見えるもの。

今年は少し切り口を変えてmissionという言葉の定義を見直すことにしてみました。missionを直訳すると大まかに、3つの意味合いがコトバンクに書かれてあります。

1.使命=使者としてのつとめ
2.天職=その人の性質・能力にふさわしい職業
3,任務=課せられた仕事。

この訳をを見て、なるほど、確かになー、と思ったのは、missionという言葉に誰にでも出来る事ではなく、「俺がやらねば誰がやる」的なニュアンスがあると感じていたからで、また、人生を賭けてやるべき事というのは深い思い入れが無ければ出来ない訳で、ライフワークに近いニュアンスがあるのはこの3つが掛け合わされた言葉だからなのだと納得した次第です。従前のわかりきった様に思っている言葉も定義を見直してみるとはっきりと見える事があるものです。

出自×才能×仕事

定義の見直した結果、missionとは出自×才能×仕事が一つになったもので、自分の人生において重要な価値がある誰かから引き継いだ想いや、生まれつき持っている宿命、生きてきた経緯、経験から生み出される熱い想いから始まり、自分にしか出来ない、人には任せられないと大きな責任感を持って、仕事として取り組むことなのだと納得し直しました。この様な観点から自分に与えられたmissionを見つめ直すと、人生をかけてでも絶対にやり遂げなければならないと思うし、それに対する努力はいわば自己実現への過程であり、辛く、厳しい取り組みでもさして苦に思わないのではないかと思うのです。

事業計画はmissionに直結。

ちなみに、と自分自身を振り返って考えてみて3つのmissionがすぐに頭に思い浮かびました。これらは10年以上もずっと目指してきた事ばかりですし、mission complete!となるにはまだまだ時間はかかりますが、年月を重ねる毎に少しずつ進み、形になってきたのは実感しています。毎年の事業計画の根本にあるのは私のライフワークであり、missionなのだと改めて感じた次第です。たまには、足を止めて自分がやらねばならない使命について考えて見られるのもいいと思います。今月の継塾は2月19日(水)19時から新しくなった株式会社四方継のワークスペースにて開催です。参加は無料、お気軽に遊びに来て下さい→https://www.facebook.com/events/186532142584993/

私の3つのミッション

Ex, 無一文の中卒の職人出身の私でも学ぶことで人並みの暮らしができるようになったからこそ、職人への教育、意識改革で職人の地位向上を叶え、建築業界の職人不足問題を解決します。

Ex, 不良少年が読書で人生を修正できた経験から、本の素晴らしさと大事さを若者に伝える為に本を出版します。

Ex,  地域の人に支持され、20年間事業を継続できたからこそ、地域の経済が活性化して豊かになるコミュニティー形成を目指してご紹介サービスを立ち上げます。

石に噛り付いてでも、やらねばならぬ事、やり抜きましょう!(笑)


一般社団法人職人起業塾 @関西塾生募集中! 2020年5月開講予定 【6ヶ月研修】
卓越の戦略 現場改革実践コース 現在先行予約受付中!

助成金活用等、お気軽にお問い合わせください! https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/

2020度関西職人起業塾先行募集

2020度関西職人起業塾先行募集


卓越の戦略 オブザーバー参加受付中! 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】

@博多会場https://www.facebook.com/events/238006957200129/ @東京会場https://www.facebook.com/events/1605666316254443/


【満員御礼につき募集締め切りました!】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月17日(月)14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2480892465462062/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

新たな挑戦、新たな習慣。

建国記念の日

昨日は飛び石連休の祝日にて朝活もお休みでした。私は全く休日だと知らないままでしたが先週の倫理法人会での、来週はお休みです。とのアナウンスを思い出して、夜明け前から飛び出すのを思い留まり、すんでの所で空振りを避けることができました。数年前に祝日と祝日に挟まれた日は休日になる法案が成立し、最近やたらと連休が多いので飛び石連休は全部連休になるのかと思い込んでおりましたが、あれは祝日と祝日に挟まれた日であって、日曜日(休日)と祝日に挟まれた平日は関係ないのですね、恥ずかしながら今更ながら認識しました。ま、そもそも「建築業に旗日なし」と祝祭日は仕事をするのが当たり前の世界で長年過ごしてきたので、関係なかったということもありますが、(笑)

仮名論語

聖徳太子の禮の和を用いて貴しと為す。も論語からの引用。

東洋哲学のバイブル。

話は変わって、、私、これまでご縁を頂いたお客様や、協力業者様向けに隔月で発行しているニュースレターでコラムを受け持っておりまして、その締め切りが近づいており、数日前から原稿の催促をされています。社名を変えてから書く初めてのコラムで、書きたい事も色々とあり、何を書くか悩みましたが、やっぱりここは新しく挑戦をしていることを書こうと思い、年始から続けて改めてその凄さ、素晴らしさを実感している論語の素読の新習慣について書くことにしました。私がこの十数年学び続け、実践し続けてきたマーケティング理論の根本は全て論語にあるのだとの確信を持ったこともあり、多分に今更感もありますが、今一度、東洋哲学のバイブルとしての論語をご紹介したいと思ったのです。以下にその文をニュースレターに先行して転載しておきたいと思います。少しでも古典を学ぶことにご興味を持ってもらえれば幸いです。(笑)

仮名論語

教えずして殺す、戒めずして成るを見る、令を緩くして期を致す、之を猶しく人に與うるに出内の吝かなる、之を四悪。


新たな挑戦、新たな習慣。

令和二年一月二十日をもって二十年間慣れ親しんだ「すみれ建築工房」から「株式会社四方継」に生まれ変わっての初めてのコラムです。今まで通り、隔月で皆様のお手元に届くようにして参りますので引き続きよろしくお願い致します。今後、建築事業は「つむぎ建築舎」として今までよりもっと価値のある提案、設計、施工を目指します。メンテナンスサービスや暮らしを豊かにするイベントなどの暮らしのサポート事業は「つない堂」で、新たに地域の安心・信頼できる事業所や人のご紹介を併せて行なって参ります、引き続き旧倍のご支援、ご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い致します。

今年になって社名変更、新規事業部の立ち上げと新たな挑戦をしていますが、その他にも個人的に新しい習慣に取り組んでいます。その一つに毎日、論語の素読を行っておりまして、2千年以上も読み続けられている東洋哲学ののバイブル的存在の古典の奥深さ、新鮮な気づきがあることに日々驚いています。論語は20の章からなる、孔子の言葉を弟子たちが書き残したいわば孔子の語録で、非常に言葉が少なく、単語や文字の意味、孔子の弟子をはじめとする登場人物やその背景を知らなければ読解出来ない非常に難解な読み物です。

背景にある歴史や登場人物の人となりを調べながら読み解くのが本来は正しい読み方だと思いますが、そんなことをしていたら膨大な時間がかかることからこれまで多くの解説本が書かれています。その中でも私が最も心を震わせられたのは、下村湖人著の『論語物語』で、難解な論語が孔子の人生をなぞる小説仕立てになっており、読むと論語に書かれている分かりにくい文が鮮やかな色彩を放って映像として浮かび上がり、ストーリーが脳裏に刻み込まれます。毎朝論語の素読をするとそれらのシーンが思い出されて難しく感じられていた本文の理解が深まるのは衝撃的に良い体験でした。

下村湖人さんの論語物語は人生の真理を求め、人としての在り方に真摯に向き合う姿勢がその文脈から感じられ、一種の凄みさえ感じさせられます。その論語物語に描かれているエピソードの数々は、有名な格言になっている孔子の言葉をすぐ目の前で本人から聴かされている様な感覚に陥り、仁・義・礼・智・信の五常、知・仁・勇の三徳の重要さを繰り返し叩き込まれ、人としての在り方を自ら厳しく正すことこそが重要であるのだと深く得心させられます。

経営の事など何も分からないまま、大工から起業してこれまでの二十年間、多くの書籍を読み、様々な学びの場に足を運び、暗中模索の中、走りながら事業体制を整えてきた中で私が見出した経営哲学、商売の原則は「今だけ、金だけ、自分だけ」の価値観を持つ事業者には人も仕事もお金も集まらないという事であり、その逆の「未来につながる、喜ばれる、世の為、人の為になる」価値観を如何にスタッフと共有して実業に落とし込み、実践するかにかかっているという事でした。結局、論語に書かれた孔子の教えにその根本的な理論は全て書かれてあり、改めてその偉大さと、2千年以上の時を超えても人間の真理は変わらない事実に驚嘆すると共に、私がこれまで積み重ねてきた学びが間違っていなかったのだと勇気をもらえています。今更と思われる方も多いかと思いますが、東洋哲学のバイブル、論語を今一度、手にとってみられては如何でしょうか。


【社名変更のお知らせ】

有限会社すみれ建築工房は「建築、暮らしだけじゃない、その先へ」をコンセプトに社名と業務内容を変更し「株式会社四方継」として再出発しました。
新会社「株式会社四方継」は「人、街、暮らし、文化を継ぎ「四方良し」を実現する」を理念に、
建築事業部「つむぎ建築舎」で「受け継がれる価値のある丁寧なものづくり。」
地域コミュニティー事業部「つない堂」では「人を繋ぎ、ご縁を紡ぎ、いい街を継ぐ」
二つの事業部で二つのビジョンの達成を目指します!
http://sihoutugi.com/index_teaser_test.html?fbclid=IwAR09vyCFomwoqGJkHnW07xj8IwORUgXLZAJXNwRYvhdRIeGRBndeNT0hLV0


【つむぎ建築舎 アシスタント大募集!】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。ご質問、問い合わせはこちら

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。


【満員御礼につき募集締め切りました!】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月17日(月)14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2480892465462062/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

職人採用、育成と人事制度は表裏一体。

令和2年2月10日 晴れ

パンデミック?!

出張の谷間の月曜日。今日はやっとオフィスに出社して一日中デスクワークに勤しみました。アイドル犬チャックとの散歩の他は全く外に出歩く事なく、溜まりきったタスクとコミュニケーションに努めました。何かとお待たせしておりました皆様、失礼いたしました。そんないつになく落ち着いた感じの一日でしたが、夕方ごろから鼻水が出始めてどうも調子が悪い。何度も鼻をかみながら、風邪の兆候もないけどおかしいなあ、と首をひねっていると、スタッフから出張中に(コロナウイルスに)感染したのではないですか?と疑惑の目を向けられました。やってしまったか、と思いましたが、咳が出るわけではなく鼻がムズムズするだけで、どうやら20周年記念でたくさんの方にプレゼント頂いた花の花粉の影響で室内花粉症を発症したようです。やっぱり美しいものには棘があるのですね。(笑)

コミニケーションが全て。

オフィスで建築の実務と一緒に、再々追加で神戸では第3回目となる来週開催する職人、施工管理者等の建築現場実務者向けに特化した人事制度のワークショップにまだ空きがあったので、職人育成に取り組んでおられる知り合いの経営者さんに個別にご案内をお送りしたところ、連絡をした方々から次々に参加表明をいただいて、あっという間に定員に達して満席となり募集打ち止めにしました。また、今週、東京でLIXIL社主催の「職人として憧れの存在になるために」と銘打たれたセミナーにも空席が多くあるとの連絡をもらい、そのチラシを関東の知り合いに案内したところ、直ぐに数名から申し込みむとの表明をいただき、しかもそれが以前から一度聴いていただきたいと思っていた重量鳶の職人会社の経営者だったこともあり、大いに喜びました。改めて、職人コミュニティーの素晴らしさを感じたと共に、丁寧な案内、コミュニケーションの必要を痛感しました。反省しきりです。

採用、育成の前に離職を止める。

現在、一般社団法人職人起業塾では基本的にオープンセミナーを開催するのを控えており、非常に実務的なワークショップ、少人数対話型の人事制度・組織改革のイベントを繰り返しています。先日の九州では定員10名に20人以上の申し込みがあり、ワークショップの体を為せませんでしたが、関西では10名で募集を打ち切る代わりに、追加開催を重ねています。そんなワークショップに切り替えた理由は、研修事業を行なっていて、せっかくやる気を出して、モチベーションを高めて卒塾した塾生が決して多くはありませんが、ポロポロと離職したという報告を受けることに端を発しておりまして、いくら従業員さんが意識を変えて業務改革に取り組んで現場価値を生み出そうとしても、事業所でその取り組みを承認し、バックアップする体制が整っていなければ意味がないと気が付いたからです。

現場価値を生み出す作業員からの脱却。

私たちは研修で、職人や施工管理者に対して、決められた図面や仕様通りに現場を無難に収めるだけが仕事ではなく、完璧な工事+@で圧倒的な顧客満足を生み出し、現場の価値を高め、自分自身の価値をもっと高めろ!と実践の指導をしています。顧客に「今後は一生御社であらゆる建築工事をお願いするよ」と言われるくらい、圧倒的な信頼を得るには現場の力が不可欠です。そのミッションを叶える為に、塾生たちは顧客や協力業者、職人さん、または同僚、上司とのコミュニケーションを図り、信頼を得られる人になれるように知識や技術を身に着ける習慣に取り組みます。それらの行動は必ず(やっただけ)結果に繋がります。そして、それが評価されなければ、当然モチベーションは長続きしません。

職人不足問題解決の糸口。

現場で付加価値を生み出せるようになるのは、そのままその人の価値が上がることに直結します。当然、事業所の売り上げ、利益に貢献しますしその分現場実務者の所得は増えなければなりません。逆に言うと、決められた作業だけを行う職人は今まで通りの通り値以上の所得を得られるわけはなく、大工でせいぜい日当20,000円、経費を差し引くと15,000円程度の稼ぎしかできないのが現実で、しかも天候や体調によって所得が大幅に左右されます。これでは若者が夢を持って建築業界に入職するとは思えません。こんな状態のままでは、圧倒的な職人不足が加速するばかりで、職人不足問題の解決は、今現在現場で働く人たちの働く環境を整えて、暮らしを豊かにして若者に憧れられる存在になってもらうしかありません。そのためには事業所は役割と所得を明確にし、将来に渡るキャリアプランを示す人事制度を整える必要があるのです。関西のワークショップは本日で締め切りましたが、3月に東京で開催する予定にしておりますので、ご興味がある方はぜひご参加ください。企業は人なり。原理原則に則った経営に立ち返るキッカケになればと思っています。
ちなみに、関西での職人起業塾6ヶ月実践コース先行予約開始してます!

2020度関西職人起業塾先行募集

2020度関西職人起業塾先行募集

お申し込み


【社名変更のお知らせ】

有限会社すみれ建築工房は「建築、暮らしだけじゃない、その先へ」をコンセプトに社名と業務内容を変更し「株式会社四方継」として再出発しました。
新会社「株式会社四方継」は「人、街、暮らし、文化を継ぎ「四方良し」を実現する」を理念に、
建築事業部「つむぎ建築舎」で「受け継がれる価値のある丁寧なものづくり。」
地域コミュニティー事業部「つない堂」では「人を繋ぎ、ご縁を紡ぎ、いい街を継ぐ」
二つの事業部で二つのビジョンの達成を目指します!
http://sihoutugi.com/index_teaser_test.html?fbclid=IwAR09vyCFomwoqGJkHnW07xj8IwORUgXLZAJXNwRYvhdRIeGRBndeNT0hLV0


【つむぎ建築舎 アシスタント大募集!】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。


【満員御礼につき募集締め切りました!】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月17日(月)14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2480892465462062/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

Xデザイン学校2019 マスターコース#10プレゼンテーション 〜何を食べるかよりも誰と食べるか〜

令和2年2月8日曇り

Xデザイン学校マスターコース最終講。

昨夜の第16期職人起業塾@博多の開講と、その後に30日チャレンジの発表で大いに盛り上がった懇親会の余韻を若干引きずりながら、今朝も朝早くに博多駅前のホテルをチェックアウトして移動、そのまま大阪に。今日は生徒として1年間通い続けたXデザイン学校大阪分校マスターコースの最終講で、この1年間、課題として取り組んできた某食品会社大手の5年後のビジネスモデルを提案するプレゼンテーションを行う日でした。これまで4年間学び続けてきたサービスデザイン、UXデザインの理論を駆使して、試行錯誤を繰り返して導き出したサービス案でしたが、それを専門にやり尽くした大手企業のマーケティング担当をされている新規事業部の方に響いて、即、事業化に取り組むます!と言ってもらえた訳ではありませんでしたが、今後の事業展開において何らかのヒントにして頂ければ嬉しい限りです。

何を食べるかよりも誰と食べるか。

今回、私たちに与えられたテーマは、「食」を提供している超有名大企業に対して、激変する社会へ対応出来るゲームチェンジを行い、5年後に100億円の売り上げを作り出すビジネスモデルを構築できる案を考案すべし。との事でした。日本を代表する長い歴史を持つ優良企業の新規事業、そして全く畑違いの食品会社という事も有り、規模感を含めて非常にハードルが高い課題でした。UXデザインの手法に則って、私たちBチームが調査したのはまず、食の本質で、メンバーそれぞれが調べてきたリアルなユーザーの声を分析して分かったのは、食事は最強のコミュニケーションの手段であるという事で、「何を食べるかよりも誰と食べるか」の方が重要であるというインサイトです。

コミュニケーション機会の提供会社へ。

食事よりもその周辺のシュチュエーションの方が重要であるとのインサイトに立脚すれば、「食の提供で笑顔を作る」理念を掲げている企業が行うべきはその「機会」を増やす事で、もっとコミュニケーションの場である食事の機会を増やす事を世の中に提案し、その重要性が認知され、食事の時間はコミュニケーションの為の時間にすべきだと認識が広がり、行動様式になれば大きな市場を生み出せるのではないかと考えました。具体的には、①ランチミーティングが簡単に出来る食材とテーブルウェア、調理器具などのパッケージを配送する。②ミーティングの場所としてレンタルスペースとのマッチングをワンストップで行う。③ミーティングをしたい人や会社よ食を提供したい飲食店、場所を提供したい人や不動産オーナーのマッチング。の3ステップで食を通してのコミュニケーションのプラットフォーマー事業を提案しました。

広く、深いコミュニケーション問題。

私は全国で建設業界に特化した研修事業を行なっています。研修のスタート時に150名を超える卒塾生やその事業所の経営者に「社内の問題は何か?」を質問し続けてきました。その答えで圧倒的に多いのがコミュニケーション不足で、これは(私自身、長年留意してきたにも関わらず、)自社のスタッフに聞いても同じ答えがいまだに返ってきます。建築業界に関わらず、社員間のコミュニケーションをより改善したいと思っている企業は圧倒的に多いと思いますし、かと言って今どき、飲み会を頻繁に行ったところで、若い人たちは喜ぶどころか半分以上嫌悪感を示すのが統計データで示されています。この問題を解決する切り札の一つがランチミーティングだと思っている経営者が非常に多いのは想像に難くありませんが、会議室で弁当の持ち寄ったり、コンビニでしがない食事を買って来てランチミーティング をしたところで、気分が上がる訳も無く、(実際にやってみた実感として)大した効果も期待できません。

サービス案の自社での体験。

実は先日、今回のXデザイン学校の課題の調査の一環で、社内でランチミーティングを行ってみました。全員に弁当では無く、私が段取りした(インスタントですが、)高級カレーを振る舞う事にして開催したところ、非常に良い雰囲気で楽しそうに盛り上がり、(買出し程度ですが、)準備をした私もスタッフに喜んでもらえたことで非常に嬉しい気持ちになりました。これなら定期的に行おうと思った次第ですが、実際はインスタントカレーを鍋で温め、ご飯を炊くだけですが、忙しい毎日を過ごす中でその手間をかけるのはやっぱりなかなか出来ないのが実際で、アプリのワンタップで全部の用意が届けられたらどんなにか便利で、頻繁にランチ・コミュニケーションが出来るだろうか、と正直思いました。全国の中小零細企業は380万社あると言われていますが、その1%の企業が週に一度のランチミーティングを行う意義を理解して行動様式として定着したら、5000円/1回の経費支出で単純な計算ですが、100億円の市場は生み出すことができます。取らぬ狸のなんとやら、では有りますが、コミュニケーション不全解消の課題を抱えている企業が多いことを考えれば、無くはないですね。(笑)

マスターコース修了書。

そんな、ユーザー調査からインサイトを抽出し、事業所が目指すビジョン、創り出したい世界を掛け合わせ、本質的な課題・問題解決からイノベーションを生み出すタネを見つけるUXデザインの勉強も今日で4年目が幕を閉じました。来季はスタッフに参加してもらおうと考えているので、私が再度、同じ教室に通うかはまだ決めかねておりますが、この4年間の学びは本当に貴重な時間でした。ご指導頂いた浅野先生、佐藤先生には心からの御礼を申し上げたいと思います。UXデザインを学んだお陰でリブランディングを行いましたし、20年間親しんだ社名も変えて、建築だけの枠にとらわれない新たな業態へと変化することが出来ました。実践のステージはこれからが本番を迎えますが、今後はお教え頂いた概念を実践で裏打ちして、知恵に哲学に昇華させたいと思っています。人生はひょんなキッカケをチャンスに変えられるか否か、本当に出会いは人生の宝です。感謝。


【社名変更のお知らせ】

有限会社すみれ建築工房は「建築、暮らしだけじゃない、その先へ」をコンセプトに社名と業務内容を変更し「株式会社四方継」として再出発しました。
新会社「株式会社四方継」は「人、街、暮らし、文化を継ぎ「四方良し」を実現する」を理念に、
建築事業部「つむぎ建築舎」で「受け継がれる価値のある丁寧なものづくり。」
地域コミュニティー事業部「つない堂」では「人を繋ぎ、ご縁を紡ぎ、いい街を継ぐ」
二つの事業部で二つのビジョンの達成を目指します!
http://sihoutugi.com/index_teaser_test.html?fbclid=IwAR09vyCFomwoqGJkHnW07xj8IwORUgXLZAJXNwRYvhdRIeGRBndeNT0hLV0


【つむぎ建築舎 アシスタント大募集!】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。


【好評につき再々開催決定しました!】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月17日(月)14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2480892465462062/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

人は変えれない。人は変われる。

令和2年2月7日 曇り

大牟田の熱か夜。

昨日は福岡県の南の端、大牟田で満員御礼というか、大幅な定員オーバーで盛り上がった職人向けキャリアプラン構築の人事制度改革のワークショップの後、お決まりの懇親会、その後はやっぱりカラオケ付きの二次会、最後はクソ夜中に締めのラーメンと建築業界らしいお定まりコースを堪能させて頂いて楽しくも充実した夜を過ごさせてもらいました。お付き合い頂きました皆様、ありがとうございました。面白かったです。(^ ^)

第16期職人起業塾開講

今日は朝から博多に移動、16期目となる一般社団法人職人起業塾の6か月研修を開講しました。今回は塾生を送り出された事業所の経営陣も皆様ご参加頂き、最長にして最も密度が濃い建築現場での業務改革の必要性とそこで生み出される大きな可能性について塾生と一緒に認識を新たにしていただきました。建築会社の評価は現場にしかない以上、現場従事者がいかに顧客満足に真剣に取り組み、成果を上げるかに事業所のブランディング戦略も自社独自のマーケットを作り出すマーケティング戦略もすべてそこにかかっています。その起点となる現場の意識改革を半年間の時間かけて共に進めていこうと檄を飛ばしました。

マーケティングは現場で行うもの。

初回は半年間の講座の目的と目標を理解してもらえるように私達が取り組んでいる古典的マーケティングの定義と全体像を時間をかけて丁寧に説明をしました。マーケティングとは市場(マーケット)の創造であり、市場(マーケット)とは信頼関係で結ばれた顧客の総量を指します。建築業が(生涯)顧客を創り出すのは現場での評価が元になるしかなく、故にマーケティングとは現場に関わる職人や施工管理者が理解しておくべきだし、実践すべきだと言うのが職人マーケティング論で、その私の話を聞くと、今までマーケティングには無関係だと思っていた現場実務者達が、この講座を受講しろと経営者から指示された理由を理解されます。会社に未来を担っているのは自分だときづくのです。

人生を変える30日チャレンジ

講座の冒頭から繰り返し私が言い続けるのは、「人は変えれない。しかし、人は変われる」と言う原理原則です。「私には皆さんを変える事は出来ないが、皆さんが変わるキッカケを提供出来るように精一杯の努力をします。皆さんには未だ開花していない未曾有の可能性があり、この半年間、真摯に研修に取り組む事で、変わる事が出来るはずです。習慣と言う自分の人生をより良くコントロールする大きな力を身に付けて下さい。」と、30日間、今まで行ってこなかった事に毎日取り組む30日チャレンジに取り組んでもらいました。人生の扉を開く30日にして貰える事を心から願っていますし、塾生諸氏の変化を楽しみにしています。30日後に博多に行くのが本当にが楽しみです。


【社名変更のお知らせ】

有限会社すみれ建築工房は「建築、暮らしだけじゃない、その先へ」をコンセプトに社名と業務内容を変更し「株式会社四方継」として再出発しました。
新会社「株式会社四方継」は「人、街、暮らし、文化を継ぎ「四方良し」を実現する」を理念に、
建築事業部「つむぎ建築舎」で「受け継がれる価値のある丁寧なものづくり。」
地域コミュニティー事業部「つない堂」では「人を繋ぎ、ご縁を紡ぎ、いい街を継ぐ」
二つの事業部で二つのビジョンの達成を目指します!
http://sihoutugi.com/index_teaser_test.html?fbclid=IwAR09vyCFomwoqGJkHnW07xj8IwORUgXLZAJXNwRYvhdRIeGRBndeNT0hLV0


【アシスタント大募集】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトに情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

 

質と量のジレンマ。

令和二年二月六日

炭鉱の町、大牟田へ。

今朝もやっぱり朝早くから自宅を飛び出し、新幹線に飛び乗って九州へ。明日、博多で開講する第十六期職人起業塾の開催に合わせて、今日は大牟田市で職人採用・育成に特化したキャリアプラン形成の人事制度ワークショップをJBNの地域団体である一般社団法人 人に優しい家を考える会と一般社団法人職人起業塾で共催しました。福岡県だけでなく、すぐ隣の熊本や有明海を挟んで向かいになる長崎からも従業員さんを私たちの研修に送り出された人材育成に熱心な経営者の方が多く集まってくれて、初めて訪れた大牟田市で馴染みが薄いのかと思っていましたが、全くアウェー感を感じる事なく、いつもの調子で熱く語りました。(^ ^)

2030年、職人ピークアウト説。

現在、全国で開催している建築現場従事者向けの人事制度WSは、これから十年で職人がほぼいなくなるという事実、今すぐにでも職人の採用、育成を行わなければ5年後以降、建設業は業態を維持できず、工事が出来なくなり没落してしまうという現実に正面から目を向けて、職人を若者が働きたいと思える、親御さんが反対しない職業に改善すべく、待遇面を見直し、キャリアプランを提示して未来が標榜できるようにするのがその趣旨です。セミナーではなくワークショップの形態をとっているのは、私たちがこの15年間組み立ててはやり直しを繰り返しながら運用してきた賃金制度、等級制度、評価制度の人事制度の3つの柱を丸ごと公開して、参加者の従業員の実質賃金と照らし合わせて微調整しながら即運用に踏み切ることができるようにその場で従業員さんの年収の計算をしてもらうリアルな場になっているからで、現状の給与実態と大きく齟齬がない事業所は即、人事制度改革に踏み切られることも少なからずあります。

半年を1日に短縮するWS

次回は大阪で2月17日、東京では3月27日に開催の予定のこのWSは、一年かかると言われる人事制度改革の基礎部分の制度設定の半年分を、私たちが実際に運用してきたリアルな賃金テーブルを取り込むことで1日で片付けてしまうという大幅な時間短縮を叶えるWSとなっています。その分、あまり大人数ではそれぞれの会社に合わせた細かな説明が難しくなる為、本当に人事制度改革に取り組みたいと思われる方に限定して、10社のみの少人数制で開催しています。その昔、帝国陸軍では一人の将は七人までしか部下を管理指導、統率できないと言われていたそうですが、私には十人程度までしか、それぞれの会社の実情を聴きながら、チューニングのアドバイスを行う様な細やかな対応をする事ができないようです。しかし、今回は思いの外、興味を持ってくれた工務店経営者が多かった様で、また、珍しい切り口の勉強会ということもあり、蓋を開けてみると20社以上の方からの申し込みになっておりました。

質と量のジレンマ。

私としては多くの工務店経営者に、職人の内製化、採用、育成に興味を持って貰うのは嬉しい限りですが、決して少なくない先行投資が必要な職人の正規雇用(若しくは待遇改善)を、今もこれからも行う気概のない経営者も中にはおられた様で、参加者が多い分、個別のアドバイスが薄くなったのは悔やまれます。それでも、職人不足の深刻な状況は伝わったと思いますし、ある種の啓蒙にはなったと思えば多くの方にご参加頂いたのは決して悪い事ではないと思っています。為したい事が有れば質と量のジレンマは常につきまとうもの、時間軸と合わせて絶妙なバランスを取りながら建設業界のボトムからの改革を進めて行きたいものです。

未来預金。

令和二年二月五日 曇り

暖かい朝。

先週の週間天気予報では今週は随分と冷え込み寒い日が続くとの事でしたが、朝、外に出てみると寒さも大したこともなく、今日もコート無しでBNIの朝活から、夕方の大阪での見積もり書のプレゼン、夜の神戸での店舗リブランディングの打ち合わせと走り回りました。暖かいのは歓迎しますが、このまま春になってしまっていいのかしら?と少し疑問に思ったりしてしまいます。ここ数日、オーストラリアの火災のニュースを耳にしませんが、どうやらまだ山林火災は収まっていないようですし、気候変動への不安は増すばかりです。

炎のエデュケーター。

今日は水曜日と言う事でいつものBNIドリームチャプターの朝活でした。メインプレゼンテーションは神戸市倫理法人会で副会長を務められている社労士の粂先生、人事制度の重要性を訴えられてくださいました。また、ビジターと呼ばれるゲストにも多くお越し頂き、また興味深い業種の方ばかりで話も大いに盛り上がりました。仕事で関連する方もおられ、私に貢献出来ることも有るのでは無いかと考えて数名の方たちと日を改めてお会いする約束をして会場を後にしました。毎日のように良い出会いを頂ける環境に感謝ですね。そんな朝活ではエデュケーションコーディネーター角岡さんによる熱いエデュケーションコーナーがすっかり名物化しており、今朝も素晴らしいプレゼンテーションを聴かせてもらい、学びと気づきを頂く事が出来ました。メンバーの為に!と熱心に準備して下さる角岡さんには本当に頭が下がります。

未来預金。

今朝のエディケーションコーナーのテーマは「未来預金」と言って、今すぐ成果に現れない事でも、長期的な視野で良き事を積み重ねれば、未来に必ずそれが実を結ぶと、原因と結果の法則、因果応報の理を分かりやすい例えで解説してくださいました。コヴィー博士の「7つの習慣」で言うところの第二領域(緊急性の低い重要な事)に時間を配分するのも同じ理屈です。原理原則理論の信奉者の私としては、それは以前から良く知っているし、長年留意してきた事ではありますが、角岡さんの熱いテンションで今一度聴き直して、行動を選択する一つひとつの判断において常に意識しようと改めて思った次第です。

予算オーバーの見積書

そんな思いを抱きながら夕方に大阪まで教育施設を木造で新築する計画案の見積もり提出のプレゼンテーションに行きました。昨年末から、限られた予算の中で如何に良い建物を建てる事が出来るかを設計者とプロジェクトリーダーと打ち合わせをしてきた結果、今回の私が提示したのは断熱、機密性能のスペックを上げた上で太陽光発電を設置して全量自家消費で環境負荷とランニングコストの両方の低減を実現する案で長期的なコスト計算で収支バランスを取るスペックアップの見積書でした。もちろん、与えられた予算を大幅にオーバーしています。

Change The WORLD!

施設のオーナーは私の提案に対して悪くないと一定の評価を下さいましたが、ビジネスマンとしてコスト計画は非常に重要であり、おいそれと数千万円のコストアップを容認する事は出来ない、検討させて欲しいと即答は頂けませんでしたが、子供たちがのびのびと活動できる暖かな生活環境と、地球温暖化を少しでも緩和する意思と在り方を明確にした、環境負荷低減の価値については充分ご理解を頂けたように感じました。このような提案もいわば未来預金の1つであり、目の前の重要なタスクとともに、次の世代に残すこの世界を少しでも良いものにしようとの在り方、考え方をありとあらゆる仕事に落とし込んでいかなければ世界は良くならないと思うし、逆に多くの人が未来預金を意識した選択を繰り返すことで必ず世界は良くなると信じています。その為にも私の未来預金の提案が共感してもらえるようにもっと提案の質を上げれる様に精進しないとですが、、


【社名変更のお知らせ】

有限会社すみれ建築工房は「建築、暮らしだけじゃない、その先へ」をコンセプトに社名と業務内容を変更し「株式会社四方継」として再出発しました。
新会社「株式会社四方継」は「人、街、暮らし、文化を継ぎ「四方良し」を実現する」を理念に、
建築事業部「つむぎ建築舎」で「受け継がれる価値のある丁寧なものづくり。」
地域コミュニティー事業部「つない堂」では「人を繋ぎ、ご縁を紡ぎ、いい街を継ぐ」
二つの事業部で二つのビジョンの達成を目指します!
http://sihoutugi.com/index_teaser_test.html?fbclid=IwAR09vyCFomwoqGJkHnW07xj8IwORUgXLZAJXNwRYvhdRIeGRBndeNT0hLV0


【アシスタント大募集】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。


【※満員御礼につき受付終了しました。】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月6日(火)14時〜17時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円

まいピア高田
〒839-0215 みやま市高田町北新開

定員:10名

https://www.facebook.com/events/485712082084391/


2020年1月東京塾締め切り間近、お急ぎ下さい!
2月福岡塾6ヶ月コース開講予定、塾生若干名募集中!
助成金活用等、お気軽にお問い合わせください!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/wp-content/uploads/2018/08/f4f7901fe4fbf822cb614821800a2e7f.pdf


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトに情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

希望は心の太陽であり、人は人でしか磨かれない。

令和2年2月4日 快晴

希望は心の太陽である。

火曜日は朝活の日。今日も夜明け前に起き出して、神戸市倫理法人会のモーニングセミナーに参加してきました。今日は旧知でもある、姫路市倫理法人会から高砂、荒井駅前にある本家串焼忠助の加納大将が講話者として登壇されると言うことで、とても楽しみにしておりました。「希望は心の太陽である」と言うお題の講話はこれまでご縁があった加納さんが恩義を感じている人の名前が次々と出てくるアットホームな雰囲気から始まり、本人曰く、「地獄を見た」と言われるつらく悲しい出来事、そこから立ち直り前向きに人生に向き直り、太陽のような笑顔で笑えるようになれるまでの人生を赤裸々に語られ、思わず目から心の汗が流れ落ちるほど感動的でした。朝から学べる機会と、このような時間が持てることを心から感謝するばかりです。

人を拒む居酒屋店主。

神戸から随分離れた山陽電車の荒井駅前で串焼きと日本酒の居酒屋を営んでおられる忠助さんには、私が尊敬して止まない同い年の工務店経営者、林社長に誘われて8年ほど前に伺ったことがあります。その時の印象はお酒も食事もとても美味しく、お店の作りも林社長が手掛けられただけあり、とても味のある内装で、非常に満足できるものでした。その時、唯一心に引っかかったのは店主である加納さんがあまりにも無愛想で、人嫌いのオーラを放っていたことでした。その当時、私も飲食店を経営していたこともあり、接客業にあるまじき大将の雰囲気に少なからず違和感を感じたのを今もはっきりと覚えています。

人は変わる、変われる。

それから時が経ち、昨年姫路市倫理法人会のモーニングセミナーに講話者として招かれて登壇した際に久しぶりに加納さんと再会し、彼のあまりの大きな変化に驚きました。本人もご自身でおっしゃっておられましたが、人と目を合わすことさえ疎んでいた人嫌いの人が、その時は早朝からはじける笑顔で挨拶をしてくれたのでした。一体何が起こってこんな大きな変化があったのだろうかとその時は不思議に思いながらも、これが倫理法人会の力なのかしら、などと思いながら、その時は詳しく聞く時間もなく、そのままになってしまいました。しかし、加納さんのその大きな変わり様は非常に強く心に残っており、今日の神戸市倫理法人会のモーニングセミナーに登壇される事を知って、ひょっとしたらその変化の理由を聞かせてもらえるのではないかと思って非常に楽しみにしていた次第です。

人は人でしか磨かれない。

約40分間の加納さんの講話は、ご自身の人生を振り返りながら、人との出会い、その人からかけられた言葉、それによって突き動かされたご自身の経験をいいことも悪いことも、口にするのも辛いような心に残った深い傷、情けないご自身の姿までも粛々と語られ、その淡々とした口調故に余計に心に迫るものがありました。講話の中で語られた、人とのご縁の大切さ、自分から逃げない勇気、学び続けることで人は変われると言う事実、そして希望を持つことで人生はこんなにも素晴らしいものになるのだとの言葉の数々に深い学びをいただくことができました。加納さん、本当に素晴らしい講話でした。心から御礼申し上げるとともに、いただいた学びを自分自身のものにできるように精進いたします。

100人モーニングセミナー開催します。

ちなみに、神戸市倫理法人会は無料見学者を募っています。早朝の時間を有効活用して、学ぶ機会を得たいと思われる方はお気軽に私(高橋)までお声掛けください。2月25日にはあの暴言で有名な(笑)卓越した行政手腕を発揮している明石市の泉市長にご登壇いただいて御講話を聞かせてもらいます。もちろん、これも無料でご参加いただきますのでぜひ火曜日の朝6時半に神戸ポートピアホテルにお運びください。共に学び、人生をより良きものにしてまいりましょう。(^ ^)