職人不足の今こそ、作業員ではなく職人に進化しろ!

令和元年8月6日 晴れのち曇り

どうにもこうにも職人がいない。。

先日、リフォーム工事をネットで集め、工務店に紹介するボータルサイトの担当者から電話があり、某大手ハウスメーカーの全国的な施工不良の是正工事に協力してくれないか?と手直し工事のオファーがありました。そもそも、私は随分前からブローカー的な建築業向けのポータルサイトとは決別しており、聞く耳を持たないスタンスだったのですが、施工不良是正問題は旬の話題だった事もあり、話を聞いてみました。その内容はとにかく職人がおらず困っていて、「大工の単価は28,000円、工期なし、手が空いた時に工事をしてもらえたらいい」と私たちにとってこれ以上は無い都合のいい条件を並べられました。そこまで言うなら、と実際にハウスメーカーの緊急対策本部の担当者と話をしてみたら全く違う内容で「日当は23,000円、4名組で二週間程度の日程で工事をして欲しい」とのこと、聞いていたのと全然話が違う!と憤慨しましたが、その担当者が嘘をついていた訳でもなさそうですし、詰め寄っても仕方ない。ブローカーは本当に信用なりません。

職人側からの条件提示。

ハウスメーカーの担当者さんは別段悪気があってその様な条件提示をされた訳では無いでしょうし、今までの建築業界の常識なら普通の話です。しかし、私にとってはそんな条件で手直し工事の手伝いをする意味も義理もなく、元々聞いていた条件を伝え、それで良ければ考えましょう。と前向きか後ろ向きかよく分からない感じでお答えしてきました。先方も少し困った様な感じでかわいそうな気もしましたが、大工に手直し工事の単純作業を日当で働かせてもなんの付加価値も生み出さず、ガッツリと期間をとって予定するほどの意味も価値もありません。と、自社で元請けの工事を受注出来ているので強気に出ているとかではなく、職人の働き方が今までと変わった事を伝えたかっただけですが、あまり理解を得られた感じでもありませんでした。とにかく、私が起業したての頃、ハウスメーカー下請けをやっていた時とは、大手住宅メーカーと職人の関係はまるっきりパワーバランスが入れ替わったのは間違いありません。

(悪しき)職人の復権?!

昨日のブログのタイトル「逆転の時代。」と一緒にその様な事をfacebookでシェアしたら、とある京都の内装業者の方からこんなコメントを書き込んで下さいました。

逆転といえば僕の周りでは職人さんの中でも、黙ってても仕事があるから人の財産を手掛けるには程遠いクオリティでの仕事で当たり前の様にお金をもらっている人も急増しています。
昔では絶対に通らなかった仕上がりでも人手不足の為、強く言えなかったりと。
今こそ、10秒、15秒かかる手間を惜しまず一生懸命仕事に取り組んでる職人さんが輝けるように差別化が必要なのかなと無知ながらに感じている今日この頃です。

建築業界はこれから急激にマーケットが縮小すると言われていますが、それよりも職人が減る方が圧倒的に進むと言われていて、現状でも既に職人不足が顕在化している地域も多く見られます。需要と共有のバランスから、職人側の売り手市場になるのは間違い無いのですが、腕の悪い職人、心無い行動を取る人でもいくらでも仕事があるかというと、そんな訳はなく、IT革命、情報革命によってあらゆる事が白日の下に晒される時代、嘘まやかし誤魔化しで仕事がたっぷりくるほど甘い世の中では無いと思っています。

職人に対する認識の齟齬

かくゆう私も、フツーの感覚で(というか、多分サービス気味に)「大工の日当を23,000円でどうでしょう、」と言われた住宅メーカーの担当さんにそんな単価では工務店としては受けられないと偉そうに突っぱねたりしているのですが、その原因となったのは両者間の大きな認識の違いで、メーカーが考える大工=単なる作業員で、私の言っている大工=施工記録を残したり、検査に立ち会ったりする施工管理と作業の兼任をする者の違いがあった様に思います。今回の施工不良の是正工事は非常に単純な内容の仕事にも関わらず、施工管理者(と言いながら営業職の担当者さん)が現場に立ち会って、作業の記録写真を取ったり、住民への告知を行ったりをしておられる様で、その程度の事は職人に任せて、その分現場管理費として拠出すればお互いに大きくメリットがありそうに思いますが、それさえも任せる事が出来ないとのことでしたし、実際に問題も発生しているとのことでした。

未来から目を伏せるな。

私としては、工務店経営者であると同時に自分自身が今も職人の端くれだと思っておりますが、職人の社会的地位の向上には職人の自助努力が必要で、分業化が進みきり、狭い範囲での作業のみしか行わない単なる作業員のままでは地位どころか所得も一切変わりようがなく、厳しい様ですが、学ぶこと、変わる事を厭う職人を守る事は出来ないと思っています。重宝され、守られる職人になるには自ら守られる価値がある職人に変わるべきで、決まった事を決まったまま行うだけではなく、+@の付加価値を生み出す気概が必要だと思っています。ただ、人は環境の生き物と言われますが、周りの環境が、学ばない、変わりたくない、目先の損得だけ、未来の事は考えない、面倒は嫌い、コミュニケーションをとりたく無い、今だけ、金だけ、自分だけ良ければ良いと考えている人ばかりでは、その塊に押し流されてしまいます。私たちができる事は変わるきっかけを提供する場作りくらいしか無いのかも知れませんが、職人不足の今こそ、職人は学び、変わるべきだと思います。そして、少しのきっかけを持つだけで時代とともに進化する職人になる事ができると思っています。職人よ、学びに来いよ!


***以下は告知です!***

東京オープンセミナー8.8にて最終です!

全国一斉、現場ブランディングと現場実務者育成に必要な6つのコンテンツ。 @職人起業塾オープンセミナー&フォローアップ研修開催します。

【東京開催】 □日程:8月8日(木)14時~18時30分 □場所:株式会社 Ship セミナールーム https://www.facebook.com/events/419618805307424/


今年がラスト!富士山ご来光ツアー、ご参加の方はお急ぎください!

10年連続11回目の富士登山、今年はきっと最高のご来光をみれると思いますよ!
https://www.facebook.com/events/1466882070118495/


第72回【元祖】職人起業塾&テラスBBQはホットシート!

なんと、ピックアップ企業は「すみれ建築工房」です。来年の20周年を迎えるにあたり更なる進化を目指してリブランディングの真っ最中、そのコンセプトのプレゼンを聴いて頂いてフラッグシップとなるサービスをビジネスモデルキャンバスを使って皆様に考えて頂きます。新社名も。(笑)
大きく期待しておりますので、宜しくお願い致します!
https://www.facebook.com/events/824069371381384/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトに情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください