TEDxKobe 2019

令和元年9月23日 曇り

JJPK講座スタート。

台風が去った後の3連休明けの火曜日。今日もやっぱり朝起きして倫理法人会のモーニングセミナーで一発気合を入れてから出社、しかし、ろくに事務所のデスクに座りもせずにまたすぐに飛び出して、今月からスタートした一般社団法人日本住宅プロデューサー育成協会(JJPK)の研修講師を務めに大阪に向かいました。新大阪駅前の貸し会議室で五時間の講義を行った後、夕方からは一般社団法人JACKグループの研修会と懇親会に参加する予定となっており、今日も長い一日になりそうです。(笑)

波乱含みのTEDxKobe 2019

三連休の最終日となった昨日は、以前から随分楽しみにしていたTEDxKobeのイベントの開催日でした。朝目覚めると台風17号は日本海の北の方に通り抜けており、台風一過の好天になるのかと思いきや、兵庫県では午前7時の時点でまだ強風警報が発令しており、残念ながら午前中のプログラムは中止となったとの告知があり、どうなることかと思いましたが、結局、13時からは予定のプログラム通りに進められることになり、ホッと胸を撫でおりしました。オーディエンスの私でさえ気を揉んでいたことを考えると、イベント主催者はどんな思いで台風の情報に気を配っていたかと思うと、本当に開催できて良かったと思うし、ご苦労様でしたと労いの言葉をかけずにはいられませんでした。

実験(EXperiment)

さて、今年のTEDxKobeはスピーカーの数が6名と例年に比べて少しコンパクトなサイズになっていて、その代わりと言ってはなんですが、―実験(EXperiment)から引き出そう(EXtract)―とのテーマに沿って、スピーカーによるメイン会場でのプレゼンテーションの後に開催地の岡本の街に会場を移し、登壇者達とセッションやワークショップを行い、シェアされたアイデアをただ聴くだけではなく、実際のアクションに反映しやすくなる仕掛けとなっておりました。私にとってはこれが衝撃的に良くて、単なるプレゼンテーションイベントの枠を超えて、完全に学びの場として成立しました、しかも、現在私が取り組んでいるリブランディングの取り組みにドンピシャとハマったのには少し驚いたくらいです。

ワークショップ付きsession

実は、今日参加するまでは今回のスピーカー/パフォーマーは6組と聞いて「少し寂しいんじゃね、」と思っていました。これまでに比べて物足らんイベントになりはしないか?と。しかし、当日を迎えてみるとそれは杞憂であったとすぐに気がつきました。トップバッターで登壇された兼松佳宏さんは勉強家という肩書きを名乗られ、現在表面的な活動を説明する「Doの肩書き」と、これからこう在りたいと考える「Beの肩書き」という概念を展開されました。Beの肩書きを探すのに「頭は分かっていないが心は分かっている、他者の目からのリフレーミングが良いかもね。」という言葉には大きな示唆をいただきました。EXセッションでBeの肩書きのワークがあると知り、是非とも参加したい!とすっかり、主催者側の思惑通りにノリノリで期待してしまいました。(笑)

才能と冬眠とイノベーション

「天才を殺す凡才理論」で有名なベストセラー作家、北野唯我さんは「才能は使い方を理解する方が重要」との確信から人と違うあり方を見出す(創造性)ところから背景、意味を伝える、ご機嫌という非常に分かりやすい「共感性」を発揮する事で多様な人が様々な才能を発揮できるようになるとニュータイプの時代に合った自分との向き合い方を提案されました。人間も冬眠する事ができるかも、と非常に興味深いまるでSF小説の世界を研究されている砂川玄志郎の話も刺激的でしたし、発明家を名乗る高橋鴻介さんの日常に転がっている常識を疑ってみる事でイノベーションの芽を見つける事ができる、非常に個人的な体験のリサーチが思わぬ発見を生むというのも至極納得させられました。TEDらしい多様性のあるプレゼンテーションのセレクトだったと思います。

コミュニケーションの幅を広げる。

圧巻だったのは手話パフォーマンスを演じられた岡﨑伸彦さんをはじめとする手話パフォーマーユニットoioi(オイオイ)の皆さんで、手話ができる事を本当にかっこいい!と思える、まさしくエンターテイメントとなっており、音が聞こえる人と聞こえない人とのコミュニケーションはそんなに深い溝がある訳ではないのだと思えたし、あくまでも明るく、楽しいパフォーマンスの中に込められたメッセージには大いに感動しました。最後に登壇された通訳者の大西 亮平さんの言語を駆使する職業の通訳者がコミュニケーションの真髄は「脱言語化」であり、脱言語化はコミュニケーションの幅を広げ、通訳者とはコミュニケーターである。意味を伝えるのは言語じゃない。という倫理の展開には目から鱗の気づきを頂きました。コミュニケーションはスキルだけではなく、相手を思いやる心だと、職人起業塾の講師をお願いしている横山桂子先生が常々口にされている事と通じるな、と改めてコミュニケーションの真髄に触れさせてもらった気がしました。

Beの肩書きは人それぞれ。

今回のTEDxKobeはあたらな試みとして、メイン会場を飛び出して岡本の街のあちこちに設けられたお店でEXセッションが開催されました。前述したように私は肩書きのワークショップにどうしても参加したく、その会場のチケットをゲット、OIOI の皆さんと兼松佳宏さんのセッションに潜り込みました。OIOIさんとのセッションでは、手話を習って見たいと改めて思ったぐらい、コミュニケーションツールとしての手話の素晴らしさを再認識させられました。兼松佳宏さんの肩書きのワークは超絶良くって、現在取り組んでいる社員大工のリブランディングの一環の肩書きを考え直しているのに早速使わせてもらうことにしました。ワークの内容についてはそのうち、このブログで紹介するかもですが、今日のワークを通しての1番の気づきは、「肩書きは人によってバラバラでいい」って事で、先日からニュータイプの大工の肩書きを募集しておりましたが、読者の皆様に頂いた案はあくまで参考にさせて頂き、スタッフ一人ひとりに自分の肩書きを決めてもらう様にします。決まり次第また発表しますので楽しみにしておいて下さい!(笑)


すみれ建築工房では新規事業立ち上げに伴い人材を大募集しています!
【募集要綱】

募集人数 2名(1名採用決定しました残り1名のみ)

勤務時間 自由 (正社員及びアシスタント)

勤務地 神戸市

給与 勤務時間、日数により応相談

資格、年齢問いません。PC、SNSの基礎知識がある方

業務内容 提携企業の募集、調査、顧客からの問い合わせ窓口、紹介、マッチング、SNS等での情報発信

その他 人とのコミュニケーションが好きな方大歓迎!


「モノではなくコト!建築会社らしからぬイベントやってます!

すみれ暮らしの学校|乗り換え?現状維持? 初心者のためのsimフリー入門講座

日時:2019年9月25日水曜日 14:00〜16:00
場所:有限会社すみれ建築工房
https://www.facebook.com/events/966795133659538/?notif_t=plan_user_associated&notif_id=1565913973750015


10月福岡塾、11月東京塾6ヶ月コース開講予定、塾生絶賛募集中!
助成金活用等、お気軽にお問い合わせください!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/wp-content/uploads/2018/08/f4f7901fe4fbf822cb614821800a2e7f.pdf


8月23日(金) 卓越の戦略 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】
オブザーバー参加受付中!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/13th-nagasaki-2-4/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトに情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください