脱amazon運動の課題を解決する「e-hon」

令和2年4月9日快晴

春爛漫。

一昨日の安倍総理による非常事態宣言発出から一夜明けた昨日は水曜日で、つむぎ建築舎、つない堂共に定休日でした。緊急の案件を抱えているスタッフが出勤していたりもありましたが、早速テレワークを試してみるスタッフもいたりして事務所内は静まり返っており、非常事態宣言っぽい雰囲気を醸しておりました。しかし、今朝出社してみると、(マイカー通勤の人が多いのもあり)ほとんどのスタッフが勢ぞろいしており、やたら賑やかな感じ。。緊急事態宣言前と全く何にも変わっていない通常営業の雰囲気でしたが、天気が良かったこともあり、窓を開け放ち換気をしていたり、全員がマスクを着用していたりとそれなりの緊張感(と言う程でもないけど、雰囲気程度)も若干漂っておりました。と言いながらも、外を見るとすっかり春のポカポカ陽気、伊川の川沿いの千本桜は今まさに散り始める満開を迎えて見るだけで心がウキウキしてしまう風景が広がっており、どうも気持ちは緩みがち、自転車に乗ってサイクリングに行きたくてしょうがありません。(笑)

内向き時間の使い方。

少し前のこのブログで外出自粛中の過ごし方として内面に目を向けて、今出来る事に注力すべきだと言うことを書きました。その時は非常事態宣言の区域が兵庫県にまで及ぶとは全く思っておりませんでしたが、指定された今は単なる自粛ムードだけではなく、本格的に内向きの業務に腰を据えて取り組む時期に来たように感じています。事業所にはそもそも、内部ガバナンスの統制や人事制度や教育制度の刷新、改革と普段なかなかできない重要だけれども緊急性の低い仕事が山ほどあり、それらに取り込むには絶好の機会だと感じています。また、各種団体の定例会や会合、ミーティング、そして飲み会等が取りやめになったことで夜の時間が大幅に空くようになりました。この機会に読書に勤しもうと思われてる方も多いと思いますが、そんな方にとても良いお知らせがあります。

脱amazon運動の低迷。

私は以前からGAFA(Google、amazon、Facebook、Apple)のようなグローバルIT企業による世界市場の独占に大きな危惧を抱いており、アメリカのトイザらスやスポーツ用品チェーン店が絶滅した様に、日本の小売店も駆逐されるのではないか、地域経済が破綻するのでは?と心配しています。なので、すっかり普及したインターネットを介しての消費活動の蔓延で地域のお店が廃れてしまわないように「脱アマゾン運動」を強く推奨しており、せめて書籍を購入するのは地域の書店で買いましょうよ、と周りの人に呼びかけております。しかし、実際小さな書店に行くと買いたい本は置いてないし、取り寄せても時間がかかるし、インターネットで購入するに比べると不便極まりないのも現実で、私の考え方はに賛同するけれども、正直、面倒で不便は嫌だと言われることも少なくありません。

地元応援サイト!

私にしてみたら、本屋に行って書棚を眺めてお目当ての本以外を見つける、書店の従業員さんのオススメ本を手に取ってみるのも書店の価値であり、楽しみ方だと思うのですが、忙しく時間に追われる毎日を過ごしている現代人にはそのような楽しみ方はあまり価値を感じられないのかもしれません。脱amazon活動が一向に盛り上がりを見せない現状にやるせなさを感じていましたが、SNSを覗いているとローカル志向の同志である大塚社長が素晴らしいサイトを紹介してくれていました。それが「e-hon」で、書籍の問屋さんが運営されており、このサイトを通して書籍を購入すると、街の本屋さんで買った体になり、地元の本屋さんの売り上げに寄与できる仕組みになっているのです。私はまさにこの様なサービスがあればいいのになーとずっと待っていました。(笑)

コロナウイルスが問いかけるもの。

サイトのアイコンを見ると、まさに「仕方なく本をネットで買う」人向けに、「2000年から14年間で1/3が閉店に追い込まれている本屋さんを救う」意図を明確に持って運営されており、私が提唱してきた脱amazon運動の問題、課題ををインターネット上で解決してくれるスグレモノです。嬉しくなって早速、購入予定だった本を数冊カートに入れて決済しました。使い勝手もAmazonに大きくは引けを取ることなく、大きな問題はありませんが、Amazonと比べると、やっぱり圧倒的に品数は少ない様で、購入できず、保留になってしまった本も数冊あります。ただ、買いたいと思って直ぐに手に入らなければ気に入らない、という時間に追い回された価値観を捨てて、楽しみに待っておく、という牧歌的な心持ちを持つだけで少々の不便は気にならなくなるものです。そんなことよりも、地域が活性化して皆が安心して暮らせる世界に少しでも寄与できる方がずっと価値があると思うのです。新型コロナの蔓延は私たちに今一度、大切にすべき価値を問いかけているのかも知れません。

 


株式会社四方継(つむぎ建築舎、つない堂)のHPリニューアルしました!

株式会社四方継 – 建築、暮らしだけじゃない、その先に –

つむぎ建築舎

つない堂

株式会社四方継

株式会社四方継


【つむぎ建築舎 アシスタント大募集!】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。ご質問、問い合わせはこちら
#神戸市求人 #工務店 #設計士 #インテリアコーディネーター #人材募集

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。

こちらからどうぞ→https://www.facebook.com/job_opening/181417909849899/?source=post_homepage_stream&__xts__[0]=68.ARD6cyeIcMZSQ6TGu83xmwesSQ6zHEfPzU4_k0NITGWtURKkYkoQjbhTzJOn8bBaPT1UvCIrMcfTxQG6ZIwCka4rGVq8Iss_DWv5zSPZQrQMLl-qYUSFFoeIX1yaP3_jCbgfUPaPg7G2D5Mu2DIERyY7pjpTdnfx5m8ngnoeswfCZ7ECM5L0_Oq_T3yVvsghBrOIiM2atdrbv8LmZQmnZSM3OPztiDM6i1Coz7Ugf1isWre3Uc0amQBKpUbxXCHD7OfKJkglww-cog3zXVMzz785Hg0UKjwFPvNlFkMfHvAZKxNzO8Q09NcrSKOR7r8EpVJWd-3AuB3547QazIQWD1JXgExxCR5ErTc8mmoXIBbmvuFc&__tn__=HH-R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください