希望は心の太陽であり、人は人でしか磨かれない。

令和2年2月4日 快晴

希望は心の太陽である。

火曜日は朝活の日。今日も夜明け前に起き出して、神戸市倫理法人会のモーニングセミナーに参加してきました。今日は旧知でもある、姫路市倫理法人会から高砂、荒井駅前にある本家串焼忠助の加納大将が講話者として登壇されると言うことで、とても楽しみにしておりました。「希望は心の太陽である」と言うお題の講話はこれまでご縁があった加納さんが恩義を感じている人の名前が次々と出てくるアットホームな雰囲気から始まり、本人曰く、「地獄を見た」と言われるつらく悲しい出来事、そこから立ち直り前向きに人生に向き直り、太陽のような笑顔で笑えるようになれるまでの人生を赤裸々に語られ、思わず目から心の汗が流れ落ちるほど感動的でした。朝から学べる機会と、このような時間が持てることを心から感謝するばかりです。

人を拒む居酒屋店主。

神戸から随分離れた山陽電車の荒井駅前で串焼きと日本酒の居酒屋を営んでおられる忠助さんには、私が尊敬して止まない同い年の工務店経営者、林社長に誘われて8年ほど前に伺ったことがあります。その時の印象はお酒も食事もとても美味しく、お店の作りも林社長が手掛けられただけあり、とても味のある内装で、非常に満足できるものでした。その時、唯一心に引っかかったのは店主である加納さんがあまりにも無愛想で、人嫌いのオーラを放っていたことでした。その当時、私も飲食店を経営していたこともあり、接客業にあるまじき大将の雰囲気に少なからず違和感を感じたのを今もはっきりと覚えています。

人は変わる、変われる。

それから時が経ち、昨年姫路市倫理法人会のモーニングセミナーに講話者として招かれて登壇した際に久しぶりに加納さんと再会し、彼のあまりの大きな変化に驚きました。本人もご自身でおっしゃっておられましたが、人と目を合わすことさえ疎んでいた人嫌いの人が、その時は早朝からはじける笑顔で挨拶をしてくれたのでした。一体何が起こってこんな大きな変化があったのだろうかとその時は不思議に思いながらも、これが倫理法人会の力なのかしら、などと思いながら、その時は詳しく聞く時間もなく、そのままになってしまいました。しかし、加納さんのその大きな変わり様は非常に強く心に残っており、今日の神戸市倫理法人会のモーニングセミナーに登壇される事を知って、ひょっとしたらその変化の理由を聞かせてもらえるのではないかと思って非常に楽しみにしていた次第です。

人は人でしか磨かれない。

約40分間の加納さんの講話は、ご自身の人生を振り返りながら、人との出会い、その人からかけられた言葉、それによって突き動かされたご自身の経験をいいことも悪いことも、口にするのも辛いような心に残った深い傷、情けないご自身の姿までも粛々と語られ、その淡々とした口調故に余計に心に迫るものがありました。講話の中で語られた、人とのご縁の大切さ、自分から逃げない勇気、学び続けることで人は変われると言う事実、そして希望を持つことで人生はこんなにも素晴らしいものになるのだとの言葉の数々に深い学びをいただくことができました。加納さん、本当に素晴らしい講話でした。心から御礼申し上げるとともに、いただいた学びを自分自身のものにできるように精進いたします。

100人モーニングセミナー開催します。

ちなみに、神戸市倫理法人会は無料見学者を募っています。早朝の時間を有効活用して、学ぶ機会を得たいと思われる方はお気軽に私(高橋)までお声掛けください。2月25日にはあの暴言で有名な(笑)卓越した行政手腕を発揮している明石市の泉市長にご登壇いただいて御講話を聞かせてもらいます。もちろん、これも無料でご参加いただきますのでぜひ火曜日の朝6時半に神戸ポートピアホテルにお運びください。共に学び、人生をより良きものにしてまいりましょう。(^ ^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください