主君 井伊の赤鬼・直政伝 〜missionの力〜

令和2年2月15日 曇り

初めての主客

今日は月に1度の茶の湯のお稽古。いつもの滋賀県の個性にある和邇の先生宅へと向かいました。例年1月の初めの稽古で先生に催していただく初釜を今年は少しイレギュラーですが2月に行うことになり、少し遅めではありますが金と銀の重ね腕でのお濃茶を喫して、御点心にお手製の海老しんじょうの椀物、日本酒をいただきながらの八寸、最後に薄茶をいただいて1年に1度の茶事形式の稽古をつけていただきました。おまけに、期せずして、お稽古とは言え初めて主客を務めさせていただくことになり、いろんな意味で印象に残る初釜となりました。先生、そして同席いただいた皆様に心から感謝申し上げます。

滋賀つながり。

私はご縁があって茶の湯のお稽古に長年滋賀まで通い続けておりまして(年数を重ねている割には大してお点前も出来ないのですが、)一応、表千家滋賀県同門会に入門しています。滋賀と言えば茶人としても有名なあの井伊直弼公の井伊家ゆかりの地であり、有名なお寺や彦根城でのお茶会に参加させていただくこともしばしばあります。そんなことから少し前の大河ドラマで取り上げられた直虎も熱心に見ておりましたし、その後、徳川家康の天下取りに大きく貢献し、長い間徳川幕府の筆頭家老として活躍した井伊家には少なからず関心を持ってきました。先日、本屋さんで面白そうな本がないかと物色していた際に、表題の「主君」と言う“井伊の赤鬼”と言われた井伊直政を取り上げた歴史小説を見つけて読んでみました。

井伊直政と木俣守勝

戦国時代の荒波に翻弄され、お家断絶の憂き目に合っていた井伊家が徳川の世になって譜代大名の筆頭に躍り出たのは、下克上の戦国時代とはいえ通常だったら考えられない位のものすごい出世であり、それは井伊の赤鬼と恐れられた直政の活躍によるものだと、戦国時代の小説を読む中でなんとなく認識しておりました。今回、直虎の甥にあたる直政の生涯を辿るこの小説を読んで、家名再興の使命を背負って生き抜いた男のすさまじい執念を改めて思い知りました。尋常な決意では無かったのだと。またこの小説の中心人物は間違いなく井伊直政ではありますが、主人公は歴史の表舞台であまり登場することのない、無名といっても過言ではない木俣守勝なる徳川家康の小姓から旗本になりながら、生涯、直政の補佐役に徹した武将となっており、直政の躍進を支えた影の人物の目を通して、封建社会の根本的思想である「忠義」や「主君」といった民主主義、国民主権となった現代社会ではすっかり関係がなくなったと思われている価値観を浮き彫りにしています。以下に文春文庫の作品紹介を転載しておきます。

主君 高殿円著

主君 高殿円著

「主君」作品紹介

その男は、たった一人の井伊家再興の希望だった──。

お前の“主君”はだれだ?
人は何のために人に仕えるのか。
家康に寵愛され、その苛烈さから「赤鬼」と呼ばれた井伊家第17代当主・井伊直政の生涯を、家臣・木俣守勝の目を通して描く。
(中略)
たった一人の井伊家再興の希望として、直虎はじめ一族の願いを一身に背負い、徳川幕府譜代筆頭にまで登りつめた直政。
戦になれば大将自ら一番槍で突っ込んでいき、命を惜しまない直政に終始振り回されながらも生涯支え続けた守勝。
対照的な性格から、守勝は直政に反発に似た感情を抱きながらも、我が身を守ることを知らぬ苛烈さに惹かれていく。
その二人の今生の別れは、苦い悔いに満ちたものだった。
数多くの作品が映像化、漫画化されている著者の初めての歴史小説が、大河ドラマに先駆けて井伊直虎を描いた『剣と紅』。これに続き、井伊家第17代当主・井伊直政を描いた歴史小説二作目。

読書は稀代の英傑の人生を体験する手段。

私は子供の頃、書店経営者だった父親に「本を読むというのは人の人生を間接体験することだ」と教えられて、歴史上の人物、特に戦国時代と幕末の英傑たちの活躍を取り上げた本の読書にのめり込みました。小説の世界に感情移入してまるで自分が織田信長や黒田如水になったかのような錯覚に陥り、その当時は現実世界での判断基準が、苦楽や損得では無くドラマチックに生きられるのはどっちだ?と考える様になり、自ら面倒を引き込む様な選択をする様になりました。実は、大人になった今でもそのきらいが残っている様に思います。(笑)
この小説を読んで感じたのは、主君、忠義という価値観には表と裏があり、直政はその本質を突き詰めることで、願望を現実にする力を得たのではないか、ということです。それは守勝には立身出世の手段であり、誰に仕えるかは家臣が決めるのだ。という処世術に近い考え方で死んでは元も子もないと考え、直政が御家再興のただ一点の目的の為に、未だ天下を取れるとは決まっていなかった、というより全く先行きが見えない時点から家康にその命を捧げ、身命を賭して家康の勢力拡大と共に井伊家を再興を一蓮托生として忠義を立てていたのとは明らかに概念が違います。

Missionに生きる人生

少しネタバレになってしまいますが、井伊直政が戦の前に常に起請文に記し続けて、そして戦場で一番槍に駆ける際に唱えた誓詞とも内容を同じくする「井伊氏滅亡よりおよそ四〇年、我らが本懐のため、馬や武具を選ばず、兜で頭を守らず、無為に命を惜しまず、常に天の下隠れるところなきにあって正八幡大菩薩あまつ大小神、薬師如来三世諸仏、御照覧候え!」という自分自身への激しい檄とその思考を血肉にまで行き渡らせて鬼神と化して戦場を駆け抜けたのは、今でいうところのmissionに正面から向き合い、人生を賭けた男の凄みを感じさせられ、本を読んでいて鳥肌が立ちました。使命を深く見つめることの重要さは今更いうまでもないですが、使命に生きて本懐を遂げた男の人生を疑似体験出来たのは本当に素晴らしい経験でした。今一度、お天道様に恥じない生き方を積み重ねようと決意を新たにした次第です。ちなみに、今月の元祖職人起業塾改め継塾の勉強会のテーマはmissionです。ご一読される事を強くお勧めします。


一般社団法人職人起業塾 @関西塾生募集中! 2020年5月開講予定 【6ヶ月研修】
卓越の戦略 現場改革実践コース 現在先行予約受付中!

助成金活用等、お気軽にお問い合わせください! https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/

2020度関西職人起業塾先行募集

2020度関西職人起業塾先行募集

2020度関西職人起業塾先行募集


卓越の戦略 オブザーバー参加受付中! 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】

@博多会場https://www.facebook.com/events/238006957200129/
@東京会場https://www.facebook.com/events/1605666316254443/


【満員御礼につき募集締め切りました!】
現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

日時:2月17日(月)14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2480892465462062/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg


【つむぎ建築舎 アシスタント大募集!】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。ご質問、問い合わせはこちら

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。

こちらからどうぞ→https://www.facebook.com/job_opening/181417909849899/?source=post_homepage_stream&__xts__[0]=68.ARD6cyeIcMZSQ6TGu83xmwesSQ6zHEfPzU4_k0NITGWtURKkYkoQjbhTzJOn8bBaPT1UvCIrMcfTxQG6ZIwCka4rGVq8Iss_DWv5zSPZQrQMLl-qYUSFFoeIX1yaP3_jCbgfUPaPg7G2D5Mu2DIERyY7pjpTdnfx5m8ngnoeswfCZ7ECM5L0_Oq_T3yVvsghBrOIiM2atdrbv8LmZQmnZSM3OPztiDM6i1Coz7Ugf1isWre3Uc0amQBKpUbxXCHD7OfKJkglww-cog3zXVMzz785Hg0UKjwFPvNlFkMfHvAZKxNzO8Q09NcrSKOR7r8EpVJWd-3AuB3547QazIQWD1JXgExxCR5ErTc8mmoXIBbmvuFc&__tn__=HH-R


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください