おすすめされたし、する本。」カテゴリーアーカイブ

天地明察。

令和元年10月13日曇り

体育の日。

全く気づいておりませんでしたが、どうやら世間様は3連休のようで、今日は最終日で体育の日とのこと。私たち世代は体育の日は10月10日だと思い込んでおりまして、平日の休日を3連休にまとめるようになってからもうずいぶん年数が経っている事を思い出し、意外と頭の中は昭和時代の固定観念に縛られているんだなと、今更ながら気づきました。表面的に知識として知っていることと、理解している事は全く違うんだと改めて感じ、気をつけなければいかんと思った次第です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191013/k10012129891000.html

突然失われる日常。

3連休とは言え、週末に日本列島に襲いかかった台風19号は、想像を遥かに超える大きな被害を東日本から東北にかけての各地にもたらし、悲惨な爪痕を残していき、秋の行楽シーズンに沸くはずだった日本全国を悲しみと落胆の縁に叩き込みました。台風被害で尊い命を亡くされた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。前回の台風15号に引き続いて、断水や停電と言ったライフラインが壊滅してしまっている地域も多くあるようで、1日も早い復旧といつもの日常に戻れるようにお祈りするばかりです。

結果は準備で決まる。

それにしても、このところ天災が起きる頻度とまたその被害の甚大さが加速度的に増加傾向にあるような気がしてなりません。天災は人の力で抗えるものではなく、天の思し召しと謹んで受け止め、ただ過ぎ去るのを待ち、復興に努めるしかない。と思ったりもしますが、こんなに厳しい台風や地震が頻繁に起こるのならば、天災が起こる事はしょうがないとしてもその被害や影響を最小限にとどめるために用意、準備をしておく事がもう少し出来るような気がします。建築と言うインフラ事業に携わる者としてもっと防災の意識を持つべきだと改めて感じています。

災害との戦い。

最近の気象情報の報道を見ていると、観測史上初とか、史上最強などと言う形容詞がつけられるのを散見します、確かに気候変動の影響で地球規模での変化があるのかもしれませんが、地震にしても台風にしても昔から繰り返し日本列島を襲ってきた歴史が残されており、長い人類の歴史の中で治水事業を始めとする自然災害との戦いを綿々と続けてきたのは間違いありません。長編の歴史小説を読むと、災害や天候不順による飢饉が幾度もありそのたびに政情が不安定になったと必ずと言って良いほどよく記されています。

天地明察

最近読んだ小説「天地明察」の中で会津藩の藩主保科正行が武家を中心にした武断の考え方から領民の暮らしを中心に据えた民生へと価値観の重心を一変し、抜本的な藩政改革を行い、飢饉そしてそれを原因とする一揆が起こる根本原因を突き詰め、それは領主による備えが足らないからだと断じて、自然災害への備えを万端に整え、「会津に飢人なし」と言われるまでに社倉と言われる食料備蓄の施設を整えてたと言うエピソードがありました。ちょうどその物語を読んだところだったので、時代は変わり、日本人の暮らしが変わっても、自然に対する向き合い方は基本的にあまり変わらないのかと感じた次第です。

ジャケ読み。

この天地明察と言う小説は、数年前にNHK大河ドラマで取り上げられた一昔前の人気小説で、私自身、購入した覚えもあまりないのですが、なぜか自宅の書棚にあり、タイトルの格好良さに惹きつけられて、最近なんとなく手に取って読了しました。江戸時代初期、徳川家康が江戸に幕府を開き、三代将軍徳川家光の代となり、戦国の世から大平を満喫する江戸時代に本格的に移行した時代の物語で、合戦もなければ刀で斬り合うシーンもない、地味と言えば地味な歴史小説ですが、非常に面白く久しぶりにのめり込むように長編の歴史小説を読みました。

 

真の立役者。

主人公の渋川春海は幕府の重鎮に指導碁を行う碁打ちの算術好きで、その当時用いられていた中国大陸から渡ってきた暦の誤りを正すべく、太陽と月そして星の観測を行い、当時最先端の算術を駆使して日本の国土に合った日本独自の暦を編み出します。それを裏で支えた、と言うよりも、そもそも新たな暦の編纂を命じたのが上述の将軍のご落胤でもある保科正行であり、会津藩を豊かな国に改革したとともに、江戸幕府の御政道を正した名君であったと大きな功績を称えられておりました。それまでの慣習として定着してあった大陸伝来の暦を廃し、日本で初めてオリジナルの暦を構築、天地明察を成したのは渋川春海の功績かも知れませんが、真の立役者は保科正之だったのだと読みました。

Wikipediaから拝借。

日本的マーケティング論の源流。

私は常日頃、古典的マーケティング理論の源流は米沢藩の上杉鷹山にあり、伝国の辞に表されている、リーダーが自ら在り方を正し、率先垂範して信頼の輪を広げていくことこそ経済を発展させる源となる、「マーケティングは在り方から」と言っておりますが、この度ひょんなきっかけで「天地明察」を読み、もっと時代をさかのぼって江戸時代初期から神道の免許皆伝、朱子学の造詣を深く理解して、民生の考え方を世に広めた人物がいたことを知り、改めて日本の長い歴史と文化の奥深さを知らされました。

Wikipediaから拝借。

禍福一如。

そして、この保科正行の藩政改革のきっかけとなったのは自然災害による飢饉と一揆の頻発であり、そのリスクを避けるべき思考を巡らせたことがきっかけで、社倉に蓄えを持ち、日本初の年金制度の礎を築き、人民に安心した暮らしを担保する制度が成されています。そんな視点から鑑みれば、天を知り、地を調べ、暮らしを整えたことこそが、天地明察というに相応しい事業ではなかったかと感じた次第です。この度の台風19号は東日本全域に未曾有の被害をもたらし、大きな悲しみに暮れましたが、この苦難が今後の天災への備えに繋がり、安心して暮らせる社会への進歩のきっかけとせねばならぬと思いました。とにかく、本屋大賞を受賞した本は面白い、今更感もありますが「天地明察」オススメします。(笑)


現場改革・現場ブランド化理論 & 職人採用・育成・人事制度セミナー開催します!

□日程11月8日(金)14時~18時30分
□場所:パナソニック リビング ショールーム 福岡 2階会議室 福岡市中央区薬院3-1-24
□当日スケジュール
13時30分〜14時00分 受付
14時00分〜16時30分 現場改革・インナーブランディング オープンセミナー
16時45分〜17時45分 職人不足根治の為の環境整備と人事制度
18時00分〜18時30分 建築技術者向け実践研修と助成金活用のご案内
18時45分〜20時30分 懇親会(希望者のみ 別途参加費5000円程度)
□参加費:15,000円/人 (職人起業塾参画企業、関係者は5,000円/人)
□定員:25名(定員に達し次第締め切りと致します。)
申し込みイベントページ→https://www.facebook.com/events/2378078522508618/
メール申し込み/問い合わせ→http://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/


2020年1月東京塾2月福岡塾6ヶ月コース開講予定、塾生絶賛募集中!
助成金活用等、お気軽にお問い合わせください!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/wp-content/uploads/2018/08/f4f7901fe4fbf822cb614821800a2e7f.pdf


10月31日(金) 卓越の戦略 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】
オブザーバー参加受付中!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/13th-nagasaki-2-4/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトに情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

「ニュータイプの時代」 ニュータイプ度をチェック!

令和元年9月9日快晴

気候変動への恐怖

昨日の日曜日の未明から強い勢力を維持したまま日本列島に突っ込んできた台風15号は東京を中心とする関東を直撃しまたもや大きな被害をもたらしたようで、台風が発生し、上陸するたびに観測史上最大を更新し続けるのにやっぱり気候変動は加速しているのかと末恐ろしくなりました。この先、我々が住む環境は一体どうなっていくのでしょうか?
とにかく、関東の皆様お見舞い申し上げます。

平和な日曜日

台風が大きく東に曲がって関東に向かった影響か、昨日の神戸は非常に暑い1日となりました。いつものように午前中はランニング、昼からはひょうご木づかい王国学校の代表として、お客様担当の池川さんと一緒にこれから新築で住宅取得を計画されるお客様の相談に乗ったり、リフォームを考えられている皆様の来訪を受けたりと忙しく過ごしました。夜は若手大工のエースになりつつあるたくみと一緒に食事をとり、ノーサイドゲームを見てから夜中遅くまで読書といつも通りの平和な日曜日になりました。

NEW TIPEの時代

昨夜、漸く読了した本「ニュータイプの時代」は、実はお盆休みの間に読み終えておくべきだった夏の課題図書で、最近読んだビジネス書の中ではひときわ輝きを放つ納得と示唆がてんこ盛りの良書でした。少し前に東京で開催され、私も登壇した工務店カンファレンス2019の二日間のプログラムの最後の講演で、新建ハウジングの三浦社長が示された「意味の時代」という内容の元ネタで、Xデザイン学校のマスターコースのメンバーさんも多く読まれて書評を書かれていたことをあり、大いに興味を持って手に取りました。

世界がVACA化する大前提

サブタイトルに、「新時代を生き抜く24の思考、行動様式」と書かれており、全体を通しての大前提として、今、そしてこれからの時代がVUCA化(不安定、不確実、複雑、曖昧)と言う特徴がメガトレンドになる、その環境の変化に対応できるのはニュータイプの人で、衰退していくのはオールドタイプであると非常にわかりやすい対比でこれから我々がどのように考え、行動していくべきかについて書かれています。昭和世代ど真ん中、オールドタイプを自認する私としても、非常に腹落ちする内容だったので、おっさんの皆様も怯まずにご一読されて自分がどの程度今の時代に沿った思考・行動になっているかをチェックされるのをオススメします。(笑)

ニュータイプ?orオールドタイプ?

せっかくなので、備忘録がてら、昭和世代ど真ん中のガテン系、大工あがりでパワハラ上等のオールドタイプを自認する私自身がどの程度ニュータイプなのかを以下に目次から紐解いてチェックしてみます。24項目もあるので少し長いですが、皆さんもご自身を振り返って見られてはいかがでしょうか?(笑)

1、問題を解くより「発見」して提案する
オールドタイプ:問題が与えられるのを待ち、正解を探す
ニュータイプ:問題を探し、見出し、提起する
→経営者という立場上もあり、常に問題を見つける姿勢を持っている ◯

2、革新的な解決策より優れた「課題」
オールドタイプ:課題に向き合わずにイノベーションと言う手段にこだわる
ニュータイプ:手段にこだわらず課題の発見と解決にこだわる
→常に本質的な課題解決が仕事の通信になっている、 ◯

3、未来は予測せずに「構想」する
オールドタイプ:未来を予測する
ニュータイプ:未来を構想する
→もちろん、データーを見て予測もするが、状態管理に重心を置くので構想するタイプかな、 ◯

4、能力は「意味」によって大きく変わる
オールドタイプ:目標値を与え、KPIで管理する
ニュータイプ:意味を与え動機づける
→最低限のKPIはチェックするが、全体的にはKPIに拘るのをやめて久しく、なんのために?という問いを繰り返している。 ◯

5、「作りたいもの」が貫通力を持つ
オールドタイプ:スケールを求めて市場におもねる
ニュータイプ:自分がやりたいことにフォーカスを絞る
→10年前にスケールすることをやめてインバウンドマーケティングに切り替えた ◯

6、市場で「意味のポジション」を取る
オールドタイプ:「役に立つ」で差別化する
ニュータイプ:「意味がある」で差別化する
→「家は建ててからがスタート」と意味を考える建築をコンセプトにしている ◯

7、共感できる「What」と「WHY」を語る
オールドタイプ:HOWを示して他者に指示.命令する
ニュータイプ:WHAT+WHYを示して他者をエンパワーする
→常にWHYから始める様にしている ◯

8、「直感」が意思決定の質を上げる
オールドタイプ:論理だけに頼り、直感を退ける
ニュータイプ:論理と直感を状況に応じて使い分ける
→理論構築をベースに思いつきで行動している ◯

9、「偶然性」を戦略的に取り入れる
オールドタイプ:生産性を上げる
ニュータイプ:遊びを盛り込む
→効果性を高めるために常に異業種の中に混じる様にしている ◯

10、ルールより自分の倫理観に従う
オールドタイプ:組織のルール、規範に従って「無批判」に行動する
ニュータイプ:自らの道徳・価値観に従って「わがまま」に行動する
→自己責任で信号を犬渡り(徒歩の信号無視)を常々している(笑) ◯

11、複数の物差しを同時にバランスさせる
オールドタイプ:量的な向上を目指す
ニュータイプ:質的な向上を目指す
→量より質を求めて経営戦略を立てている ◯

12、複数の組織と横断的に関わる
オールドタイプ: 1つの組織に所属し、とどまる
ニュータイプ:組織間を越境して起動する
→幾つもの組織に所属してるし、なんなら運営している ◯

13、自分の価値が高まるレイヤーで努力する
オールドタイプ:今いる場所で踏ん張って努力する
ニュータイプ:立てる場所にポジショニングする
→自分の強みを生かして活動の場を広げている ◯

14、内発的動機とフィットする「場」に身を置く
オールドタイプ:命令に駆動されて働く
ニュータイプ:好奇心に駆動されて働く
→経営者という立場上もあり、内発的動機しかない ◯

15、専門家と門外漢の意見を区別せずフラットに扱う
オールドタイプ:専門家の意見を重んじる
ニュータイプ:素人の門外漢にも耳を傾ける
→建築業界以外での学びの場を常に持っている ◯

16、大量に試してうまくいったものを残す
オールドタイプ:綿密に計画し、粘り強く実行する
ニュータイプ:とりあえず試し、ダメならまだ試す
→毎年何らかの新規事業に取り組んできてその蓄積で徐々に組織を作ってきている ◯

17、人生の豊かさは「逃げる」ことの巧拙に左右される
オールドタイプ: 1カ所に踏みとどまって頑張る
ニュータイプ:すぐに逃げて、別の角度からトライする
→競合他社のいないマーケットへのシフトを続けてきている ◯

18、シェアしギブする人は最終的な利得が大きくなる
オールドタイプ:奪い独占する
ニュータイプ:与え、共有する
→Giver’s GAINを理念にした朝活に取り組んでいる ◯

19、常識を相対化して良質な「問い」を生む
オールドタイプ:サイエンスに依存して管理する
ニュータイプ:リベラルアーツを活用して構想する
→そもそも文系、サイエンスに頼れない ◯

20、「他者」を自分を変えるきっかけにする
オールドタイプ:要約し、理解する
ニュータイプ:傾聴し、共感する
→要約し、インサイトを抽出したがる癖がある ×

21、苦労して身に付けたパターン認識を書き換える
オールドタイプ:経験に頼ってマウントする
ニュータイプ:経験をリセットし、学習し続ける
→新しい学習の場を絶やさない ◯

22、「モビリティー」を高めて劣化した組織を淘汰する
オールドタイプ:空気を読み、同調し、忖度する
ニュータイプ:オピニオンを出し、エグジットする
→逃げ出さないが、本質論だと思う言いたいことをすぐに言う △

23、権威ではなく「問題意識」で行動する
オールドタイプ:肩書や立場に応じて、振る舞いを変える
ニュータイプ:肩書や立場に関係なく、フラットに振る舞う
→役割をこなす責任感もあるが、基本はフラット △

24、システムに耽落せず脚本をしたたかに書き換える
オールドタイプ:システムに無批判に最適化する
ニュータイプ:システムを批判し、修正する
→独自のシステムを構築したいと常に書き換える意欲がある ◯

業界格差あり。

以上、以外に私のニュータイプ度は高く22/24と結構いい線いってました。(笑)
最近、スマッシュヒットの本を立て続けに上梓され続けられている注目の著作家山口周さんの書かれている内容については非常に共感するところ、納得する部分が多くありましたが、正直なところ、我々が住んでいる建築業界とは大きなリテラシーの格差を感じることが少なからずありました。また、同氏は10000時間の法則をそんなわけないやろ、と一蹴されておりましたが、(こんなこと言ってるからオールドタイプなのかもですが、)労働集約型で肉体労働が基本にある建築業界実はアスリートや音楽家のように練習を積み重ねて経験を体に叩き込むことで一流の知見を身につける事が出来ると私は思っており、住む世界によってニュータイプのあり方は違うんだと思った次第です。

温故知新のニュータイプ

そんな新しい時代への思考や行動の指針を示された山口修さんですが、冒頭に吉田兼好の言葉を引用されるところから始まり、随所に古の人の名言を引用し、ちりばめておられ、孫子の兵法まで引用に引かれてているのは驚きましたが、温故知新的な考え方も持っておられるのを強く感じました、そこから導き出されるのは、ニュータイプとされた思考・行動も実は結構原理原則に則っている部分が多くあり、脈々と受け継がれてきた古からの本質論を時代に合わせて切り口を変えた思考が新しい=ニュータイプと言うことなのかなぁ、なんて感じた次第です。とにかく、時代は大きく変容し続けており、適応出来ずに従前の価値観のままで過ごしていると時代に取り残されると言うことは再確認できました。ご一読されることを強くオススメします!


すみれ建築工房では新規事業立ち上げに伴い人材を大募集しています!
【募集要綱】

募集人数 2名(1名採用決定しました残り1名のみ)

勤務時間 自由 (正社員及びアシスタント)

勤務地 神戸市

給与 勤務時間、日数により応相談

資格、年齢問いません。PC、SNSの基礎知識がある方

業務内容 提携企業の募集、調査、顧客からの問い合わせ窓口、紹介、マッチング、SNS等での情報発信

その他 人とのコミュニケーションが好きな方大歓迎!


「モノではなくコト!建築会社らしからぬイベントやってます!

すみれ暮らしの学校|乗り換え?現状維持? 初心者のためのsimフリー入門講座

日時:2019年9月25日水曜日 14:00〜16:00
場所:有限会社すみれ建築工房
https://www.facebook.com/events/966795133659538/?notif_t=plan_user_associated&notif_id=1565913973750015


10月福岡塾、11月東京塾6ヶ月コース開講予定、塾生絶賛募集中!
助成金活用等、お気軽にお問い合わせください!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/wp-content/uploads/2018/08/f4f7901fe4fbf822cb614821800a2e7f.pdf


8月23日(金) 卓越の戦略 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】
オブザーバー参加受付中!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/13th-nagasaki-2-4/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトに情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した

令和元年8月19晴れ

気をつけば8月も終盤。

世間様では長かった夏休みモードも漸く終わり、世の中がバケーション気分から切り替えてビジネスモードに切り替わる月曜日。なんとなく慌ただしい1日になりました。今週は「盆休み明けに」を合言葉に延ばしてきた?予定がギッシリと入りいつもながら忙しくなりそうですが、来週が終われば8月も終わり、第3四半期の最終月と時間が流れるスピードに圧倒されてしまいます。

夏の課題図書。

世間様が夏休みで止まっている間、私も少しゆっくりする時間を持つようにしてまして、課題図書を決めて数冊の本を読もうと決めておりました。私は基本的に、リスペクトする方がお勧めされている書籍は全て読むと決めているのですが、最近はめっきりビジネス書の類を読むことが減って、もっぱら小説を読むようにしています。なのですが、現在、事業所の裏ブランディングに取り組んでいることもあり、時代の流れを読み解くような本も読まればと思い直し、数冊の本を手に取りました。

面白くない本も読む。

その中の1冊が、「アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した」と言う情報革命の裏側で起こっている新たな格差や貧困を著者自らが潜入調査してまとめた書籍でした。本を読む動機の1つとして面白いか、面白くないかと言う判断基準がありますが、この本は間違いなく面白くない上に、読んでいてだんだん気持ちが重たくなる本でした。その面白くない本を読んでいて思ったのは、現実ってそんなに面白いことばかりじゃなくて、厳しいことも多くあり、目をそらずに向き合うことも大事だなってこと。

便利と低コストの光と影。

本のタイトルを見れば、おおよその内容は想像がつくと思いますが、その通り消費者に便利さとコストの低さを両方を提供して圧倒的な支持を世界中から受けているアマゾンやUVERのサービスは、徹底的に作業効率を管理され、最低賃金で巨大な倉庫から商品をピックアップして発送する「くそ仕事」をしている人たちの存在によって成り立っているということはぼんやりと予感しておりましたが、実際にそこで働く人たちの声を聞くと、想像したよりもずっと厳しい環境で閉塞感に包まれている様子が延々と書き連ねてありました。

社会の成熟と反動。

現在、イギリスはEUからの離脱を表明しており、ヨーロッパと切り離した独自経済に立ち戻ろうと舵を切っています。私としては人類の成熟とはかけ離れた反動的な考え方だと思っており、何とかイギリス国民の総意で覚え留まってくれたらいいと思っていますが、もしイギリスがEUから離脱するようなことになれば大量に流れ込んでいる東欧諸国からの出稼ぎ労働者が自由に行き来できなくなり、未だ成長過程にあると目されているイギリスにおけるアマゾンのサービスは維持できなくなる可能性があるのかななんて思いました。

「くそ仕事」さえなくなる。

しかし、人間としての尊厳を保てない「くそ仕事」と延々と書き連ねてあるアマゾンでの労働も、近い将来にはどう考えてもAIとロボットに取って代わられる事は確実で、「ムーアの法則」で知られるようになった雪だるま式の近年の圧倒的なテクノロジーの進化は、莫大な資本を有する富裕層がすべての富を集約する資本主義社会の最終形への意向を強力に後押ししています。もちろんこれはイギリスだけの出来事ではなく、近い未来に日本でも広い範囲にわたって顕在化する問題だと思います。

グローバリゼーション、大資本、ブラットフォーマー

我々がなりわいとしている建築業ももちろんその願いではなく、今も着々と設計業務のAIによる代替や建築現場の無人化の研究が進められています。われわれは今こそ、効率を突き詰めるのではなく、AIやロボットにない人としての効果性を高めるための努力をしなければならないと改めて強く感じた次第です。鍛えるべきは魂であり、発揮するのは人間力。そんな教育を我々世代が行わなければ、グローバリゼーション、大資本、ブラットフォーマーが生み出す大波に飲み込まれるしかないのだと思うのです。

目指すべきは三方良しの社会

私たちは世の中の流れにアンテナを立てながら、古来から日本人が大切にしてきた「さんぽうよし」の商売感を持ち、持続可能な自立循環型の社会の構築を目指して、ローカリゼーション、スモールビジネス、インバウンドをキーワードとして、地域密着、人と人、そして自ら情報を発信することで価値を見つけてもらう取り組みに注力しなければなりません。地域の生活インフラを守る工務店こそが、そんな価値基準を事業で体現していく役割を担っていると思います。珍しく、面白くない本を読んで感じた事でした。現実から目を逸らしたらいかんなーと思われる方にお勧めします。(笑) 


「モノではなくコト!建築会社らしからぬイベントやってます!

すみれ暮らしの学校|乗り換え?現状維持? 初心者のためのsimフリー入門講座

日時:2019年9月25日水曜日 14:00〜16:00
場所:有限会社すみれ建築工房
https://www.facebook.com/events/966795133659538/?notif_t=plan_user_associated&notif_id=1565913973750015


10月福岡塾、11月東京塾6ヶ月コース開講予定、塾生絶賛募集中!
助成金活用等、お気軽にお問い合わせください!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/wp-content/uploads/2018/08/f4f7901fe4fbf822cb614821800a2e7f.pdf


8月23日(金) 卓越の戦略 現場マネジメント改革【6ヶ月研修】
オブザーバー参加受付中!

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/13th-nagasaki-2-4/


第72回【元祖】職人起業塾&テラスBBQはホットシート!

なんと、ピックアップ企業は「すみれ建築工房」です。来年の20周年を迎えるにあたり更なる進化を目指してリブランディングの真っ最中、そのコンセプトのプレゼンを聴いて頂いてフラッグシップとなるサービスをビジネスモデルキャンバスを使って皆様に考えて頂きます。新社名も。(笑)
大きく期待しておりますので、宜しくお願い致します!
https://www.facebook.com/events/824069371381384/


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトに情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

50歳になれば哲学を持て。〜史上最強の哲学入門 東洋の鉄人達〜

令和元年6月15日晴れのち強風一時雨

茶の湯の世界は夏。

先日、妻に「娘の成人式の晴れ着の前撮りをやるから来る?」と誘われて、まぁ一生に一度のことやし、娘が成人すると言うのは、名実ともに子育てを卒業するタイミングでもあるので記念に行ってみようかと思い、行くよ、と返事をしました。

ただ、今日は月に1度の茶の湯の稽古と予定が被っており、先生に無理をお願いして午前中にお稽古をつけてもらい、昼から晴れ着屋さんに駆けつけると言う忙しい1日となりました。

図らずして茶の湯の稽古は私1人だけの個人レッスンとなり、花所望、風炉の設えに移って2度目の勘が戻ってないままではありましたが薄茶とお濃茶のお点前をつけて頂き、夏の風情と雨の季節を感じられる非常に充実したお稽古となりました。先生のお心遣いに感謝するばかりです。

前撮り。

晴れ着の前撮りのほうは、ちょっとしたコスプレ撮影会の風情で、振袖を着て、髪の毛を決めて和傘や紙風船を持ってポーズを決める娘を女性カメラマンが「いいですね、かわいい!」とうまく乗せてくれながらバシャバシャ写真を撮るのを傍目から見ていると言う珍しい体験をしました。

世の中のお父さん達は皆さんこんなことをしているのかしら?と疑問に思いながら、大人になったような、子供のままのような微妙な娘を見ながら、(父親らしいことが何もしておりませんが、)なんとか成人まで無事に育てることができたのだと、少しばかり肩の荷が軽くなったような気がした次第です。

最後はいつから振かわからない家族写真を撮り、娘からサプライズの感謝状を貰うなど、稀有な経験も出来て、無理に時間を作った甲斐があったと喜んだ次第です。

50歳になるまでに哲学を持て。

娘が生まれたのは私が32歳の時で、その彼女が20歳になったと言う事は当然私は50歳を過ぎて今年で52歳になります。50歳を過ぎた時からずっと気になっているのは、今は亡きメンターに昔言われた一言で、それは「50歳になるまでに哲学を持て。」と言うことでした。

起業してから20年が経ち、様々な失敗や小さな成功も数多く経験しながら何とかこれまで事業を継続し、曲がりなりにも3つの法人の代表を50歳で勤めるようになりました。また、現在、その内容も創業時に掲げた大げさに過ぎたミッション「職人の社会的地位の向上図る」の達成に向けで地道ではありますが取り組めているのは奇跡的にツイテいたとしか思えないほどうれしく、ありがたいことだと思っています。

哲学の作り方。

小説「海賊と呼ばれた男」で一躍メジャーになった大好きな出光興産の創業者の出光佐三氏が残された言葉を綴った書籍「反骨の言霊」の中に、「観念を実践で裏打ちすれば、知恵や哲学が生まれる」との一節があります。哲学を持たねばと40歳半ばから意識していた私はその言葉を得て、大きな勇気をもらい、実践するしかなかったこれまでの20年間を振り返り、そろそろ哲学が生まれても良いのではないか、なんて思っておりました。

自分の哲学を持つ。というのは、先達の名言や至言の受け売りではなく、自分独自の言葉で信念を語らねばなりませんが、それが明確にできたかと言うと、残念ながら未だその域には達しておらず、もちろん仕事や生き方に対する理念や信念がないわけではありませんが、「これが俺の哲学だ。」と言い切れるものにはなっていないのが現状です。

さてどうしたものか、と思い悩んだあげく、行動に移したのは、結局、いつもと同じように書籍に頼って学んでみると言うことでした。そんなわけで、このところすっかり小説ばかりに傾倒していた読書を少し修正して哲学者が書かれた本、哲学にまつわる書籍を新旧洋邦問わずこつこつと読んでいます。

史上最強の哲学入門 東洋の鉄人達

哲学と言うと哲学者が長い年月をかけてじっくりと考え込んで導き出すと言うイメージがあり、なかなかとっつきにくい響きなのは否めません。それを非常に分かりやすく解説し、身近に引き寄せてくれる秀逸な本があります。「史上最強の哲学入門」飲茶(著者の名前)著で、以前、「西洋の鉄人たち」の感想をこのブログで書いておりますが、今回はその続編、「西洋の鉄人たち」を読了しました。前回以上の良書だったので以下にご紹介しておきます。

内容紹介

最高の真理を求める男たちの闘い第二ラウンド!古代インド哲学から釈迦、孔子、孟子、老子、荘子、そして日本の禅まで東洋の“知”がここに集結。真理(結論)は体験によってのみ得られる!

著者について

飲茶(やむちゃ)
北国生まれ。東北大学大学院卒業。元は普通のブロガーであったが、突然スカウトされて作家デビュー。哲学や科学など、とっつきにくい学問を楽しくわかりやすく解説した本が大好評となる。しかし、二冊目の執筆依頼はないだろうとたかをくくって適当な著者名にしてしまい、「もっと
強そうな名前にすれば良かった」としきりに後悔しているとのこと。著書に『哲学的な何か、あと科学とか』『哲学的な何か、あと数学とか』。
また現在、『哲学ガールズ(PHP研究所)』をプロデュース中。さらなる飛躍を目指している。口癖は「消えろ、ぶっ飛ばされんうちにな」。著者ブログ:http://blog.yamcha.jp/激烈なバキファン。

哲学と悟りの境地

西洋の哲学、哲人を時系列に体系立てて解説した前作よりも、この作品の方が明らかに面白く、興味深く読めたのは、間違いなく私が東洋人で仏教や儒教、そして神道に長年慣れ親しんできたからに他ならないからだと思います。

それにしても西洋哲学をロジックの積み重ね、東洋哲学を倫理ではなく体験によって得るものだとバッサリと区別されているのは素晴らしく、作品紹介にあるように古代インドのヤージュニャヴァルキヤの「梵我一如」から釈迦、釈迦、孔子、老子へと脈々と受け継がれ、流れていく自我と世界は同一で全てのものは「無い」との悟りの境地を親鸞、道元という今の日本に根付いている大衆宗教までわかりやすく結びつけ、その成り立ちを整合させているのは新鮮な驚きをもって面白く読み進めることができました。

最強の自分を見出す。

最終的に、東洋哲学を突き詰めると、悟りを持つ、それはただあるものをあるように見る、起きた事をそのまま観て、今を味わうのみ、とのまとめには、この飲茶という変わった名前の著者が得た悟りの境地の定義をわかりやすく書かれており、天上天下唯我独尊という世界と関係のない自己の中のみの世界に埋没する深い考察には共感するところが多くありました。

これまで仏教、儒教、禅宗とそれぞれバラバラに、単発的に学びの機会を持ち、どれにも興味を持ちながら、どの宗教にも傾倒する事なく過ごしてきた私ですが、根底に流れる一筋の源流を見出せたことで、今後、学ぶべき方向が少し見えたような気がします。

予定よりは随分遅れておりますが、そろそろ、自分なりの哲学を取りまとめ、最強の自分へと脱皮したいと思います。哲学を得るとは自己に向き合うこと。良書をご紹介くださった共に哲学を学ぶ同志に心から感謝します。ありがとうございました!


【緊急提言!職人不足根治に今すぐ取り組むべきこと。】

全国一斉、建築現場改革・ブランディングセミナー & 実践フォローアップ研修を6月末〜7月に開催します。

〜工務店が抱えるあらゆる問題を解決するブランド構築の糸口は現場にあり〜

売り上げの低下、職人不足、広告反響、集客の低迷、競争の激化、事業継承、採用難等々、工務店を取り巻く環境は厳しさを増すばかりです。全ての問題の解決の鍵は「ブランディング」にあり、今回のセミナーはブランド構築の基礎の部分を担う建築現場でのインナーブランディングに焦点を絞って、激動の令和の時代を地域工務店が勝ち残る方法論と職人不足問題の根治的アプローチの具体的な取り組み事例を公開します。また、オープンセミナー終了後、現場マネジメント改革に取り組む職人起業塾卒塾生向けの更なるブラッシュアップを目的としたフォローアップ研修を同時開催。現場実務者による現場改革の実践の輪が全国に広がっているのを体感頂けます。公式HPはこちら→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

全国一斉、建築現場改革・ブランディングセミナー & 実践フォローアップ研修へのお申し込みはそれぞれの地域のイベントページからどうぞ。割引特典については個別にお問い合わせください。

【東京開催】

□日程:7月5日(水)14時~18時30分

□場所:株式会社 Ship セミナールーム

https://www.facebook.com/events/375661006401900/

【福岡開催】

□日程:7月10日(水)14時~18時30分

□場所:パナソニック リビング ショールーム 福岡 2階会議室 福岡市中央区薬院3-1-24

https://www.facebook.com/events/2549830991717642/

【鹿児島開催】

□日時:7月11日(木)14時~18時30分

場所: NCサンプラザ天文館 鹿児島市東千石町2-30 2階E-3会議室

https://www.facebook.com/events/3276643095694608/

【滋賀開催】

□6月28日(金)13時〜16時

場所:栗東市ウイングプラザ4F研修室D

https://www.facebook.com/events/2063920807246663/

※第5回 四方よしの家作りセミナー 職人起業塾特別編 残席若干数ですお急ぎください。

論語と算盤。

令和元年5月25日快晴

3年目となるAlps安曇野センチュリーライド。

今日は信州松本へ。ロードバイクを輪行バックに押し込んで松本から白馬への往復160キロを走る安曇野センチュリーライドに参戦しだして今年で3回目。爽やかな信州の風と美しい八方尾根と五竜とおみの山々を今年も楽しみたいと思います。今年は異常気象かと思える位に5月から真夏日が続出、信州は涼しいとは言え、明日は今までない位灼熱のライドになりそうで、全く練習できていない不安と重なって心配もいろいろありますが、1年に1度、楽しみにしているイベントなのでおおらかな気持ちで望みたいと思います。(笑)

旅行(出張)の友。

出張に出る際の楽しみの一つは読書。私は新幹線の中で落ち着いて本を読むのが一つの楽しみになっており、今回も輪行バックを傍に置きながら松本までの電車の中で読みかけだった単行本を読了しました。本を読み終えるとできるだけこのブログに感想文を書くようにしていて、ブログを見てくれた方がコメントを書き込んでくれたり、感想を伝えてくれたりすることが思いの外、頻繁にあります。そのついでに、関連する書籍や、オススメ本のご紹介をいただくことも少なからずあり、1冊の本から連鎖的に近しい内容の本や、切り口が違う視点の著者の本を購入することになり、考え方や時代考証について深掘り機会を頂けるオススメ本を読むことが結構あります。

論語つながり。

少し前に下村湖人の「論語物語」を勧められて読んだところ非常に素晴らしい良書で、私も多くの人に読まれることを強く勧めました。その中で、朝活のプレジデント香園氏が奇遇にも「論語と算盤」を読んでいる真っ最中だったとのことで、激しくおすすめ返しをしてくれました。この本は原文のバージョンを以前に手にしたことがありますが、ずいぶん記憶が薄まっていたので、この度、守谷淳氏の訳による「現代語訳 論語と算盤」を購入し読んでみることにしました。本から本への数珠つなぎって面白く、非常に勉強になるものです。香園プレジ、良書のご紹介有り難うございました。

マーケティングは愛だ!

改めて渋沢栄一の「論語の算盤」を読み返してみて、江戸時代末期の鎖国を解いた明治維新から第二次世界大戦での敗戦、そして高度成長期を得て世界第二の経済大国にまで成長した日本経済のその源泉は日本資本主義の父と言われる渋沢栄一が掲げた「士魂商才」にあったのではないかと改めて感じました。そしてそれは二宮尊徳翁が説かれた「道徳なき経済は罪であり、経済なき道徳は寝言である。」の至言と同義であり、もう少し前の時代の遡って江戸時代の上杉鷹山公が示された「伝国の辞」にある、経営者があり方を正し、愛を持って事業に当たる事が経済の発展につながると実践されたところから脈々とつながっていると思うのです。私がマーケティング(市場の創造)は愛だ!と言い続けている所以です。

原理原則に学ぶ場に足を踏み入れるべき。

渋沢栄一は幼少の頃から論語に親しみ、それを晩年まで深く学び続けたと書かれており生涯にわたり、私心を持たずに活動を続けられたといいます。江戸時代末期から明治維新の日本の勃興期と現代では外部環境は大きく変わっており、全く違う世界といっても過言ではなりません。しかし、IT、情報革命、AIが人の職業を奪うと言われる時代にあっても人間が持つ本質的な部分はどこかしら残っていると思うし、そうあってもらいたいと願っています。私の考えなり願望がもし少しでも当てはまるなら、私たちは今こそ、古典に学ぶ必要があるのではないかと思うのです。日本資本主義の父と言われれる渋沢栄一氏が日本国銀行券の顔になるこのタイミングで、論語的な原理原則論を学ぶ場を日本のビジネスパーソンは持つべきだと思うのです。今一度、私も倫理法人会の実践にも取り組みますし、学びは全てアウトプットしますので、よかったら私が主催する勉強会に来てみてください。詳しくは以下のリンクをどうぞ!


◆第5回 四方よしの家作りセミナー 職人起業塾特別編に登壇します!

日時:2019年6月28日金曜日 13:00〜16:00
場所:栗東ウィングプラザ 〒520-3031 栗東市綣2丁目4-5
申し込み先:~ひこねの金物や~株式会社ニシダ
FAX 0749-26-0297   mail  takedream0277@yahoo.co.jp   TEL 090-4192-9833
担当 西田、岩川、西村

☆☆内容☆☆

第5回 四方よしの家づくりセミナー ~職人起業塾in滋賀 オープンセミナー~

第1部 『職人起業塾 実践編』
集客の質を圧倒的に変えるマーケティング理論と現場マネジメント
一般社団法人 職人起業塾 理事長 高橋 剛志 氏

第2部 『ITをフル活用したプレゼンの極意 実践編』
『IT導入補助金を活用した引き渡し後も満足度120%のプレゼンテーション方法』
㈱CPU 大阪支店長 田中 健 氏

第3部 『職人起業塾 導入編』
『厚生労働大臣認定事業 職人起業塾とは、、、』
一般社団法人 職人起業塾 事務局 川島 三佳 氏

イベントページ:https://www.facebook.com/events/2063920807246663/


◆塾生絶賛募集中!ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

建築実務者向け実践型現場マネジメント研修
□ 第14期生  【 大阪会場   2019年7月~ 1月 】
□ 第15期生  【 東京会場   2019年8月~ 2月 】

職人起業塾14期、15期募集

◆【元祖】職人起業塾は無料でご参加頂ける原理原則系マーケティングの勉強会です。

次回の開催は5月30日(木)です。テーマはビジネスモデルキャンバスのフレームワークを使って「リフォーム工房おおばやし」のビジネスモデルを考案するホットシートのワークショップです。年間にのをスケジュールから変更になっており、場所も三木市での開催ですのでお間違いなく。

69回【元祖】職人起業塾&波動セラピー


◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com


◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

(小説)空母いぶきとその炎上。

令和元年5月18日曇

建築実務の日。

今日は建築実務にどっぷりと使った1日でした。朝から淡路島に渡り来月からいよいよスタートする予定の耐震改修を含めた古民家再生のリノベーション現場にて打ち合わせ、予算の大枠とスケジュールへの同意をいただき、耐震補強を行う意味をご説明しました。昼からは来週からスタートする鉄筋コンクリート造一戸建て住宅のフルリノベーションのご契約に立ち会い、その後は中古を買って住み替えをされる若いお客様の物件購入先に顔を出して今すぐ必要は無くても住み変えた後、数年後にかかるであろう費用の概算をお伝えするなど、精力的にお客様との接点を持ち、できるだけのご提案をするようにスタッフにハッパをかけておきました。どの案件も計画時も、施工中も常に建物が出来上がってから安心して暮らせるような良い提案を考えながら進めてくれると思います。

空母いぶき

話は変わってお題目です。このところ映画を見に行く度に上映前の予告編で紹介される「空母いぶき」の中で自衛隊の鑑が敵艦に攻撃されるシーンが強く印象に残っており、原作が大好きなかわぐちかいじ氏という事も重なってとても気になっておりました。いつもの悪い癖で原作の漫画を全巻大人買いしようかなと思っていましたが、私の場合、本(や漫画)はアマゾンなどのネットで購入するのを一切やめて、近所の本屋で買うことに決めているので、なかなかタイミングが合わず購入できずにおりました。そんな「空母いぶき」の原作漫画、先日久しぶりに近所の田村書店に行った際、ふと目に留まり全巻購入しかけました。

観てから読むか、読んでから観るか?

しかし、全巻揃っていなかったようなので思いとどまり、そのすぐ横に陳列されてあった「小説 空母いぶき」が目に留まったのでまずは文庫本を読んでみることにしてみました。映画を観る際に、「原作を読んでから観るか、映画を観てから原作を読むか」と言う問い?を良く耳にしますが、私の場合は断然、原作を読んでから劇場に足を運ぶタイプで、今回は期せずして小説を読んでから原作の漫画を読んで、最後に映画を観ると言う珍しいパターンになりそうです。たかだか映画を見る程度のことで、そこまで周到に時間を使うのはどうか?と我ながら思いますが、「沈黙の艦隊」で漫画としても軍隊モノとしても新たな境地を切り開かれたかわぐちかいじ先生の作品となれば、それもやむなし。と思うのは50代のおっさんなら私だけでは無いはずです。(笑)

かわぐちかいじ氏のシュミレーション。

「空母いぶき」の小説を読んでみた感想は、一言で言い表すと「漫画を(全巻買って)読もう」と言うことでした。攻撃型空母を日本が所有することが引き金になり他国から侵略を受けるという題材も面白かったし、戦争放棄した日本が中国や韓国から領土を狙われている今の現状を鑑みると、他国から侵略を受けて自衛隊が出撃するなんて事はいつ起こってもおかしくない事でもあり、「非武装、戦争放棄」と言う素晴らしい理念を掲げる、世界に類を見ない日本の平和憲法が本当に国民を守ることができるのか?と言う戦後から延々と続いてきた議論に真っ向から水を向けた作品は考えさせられることが多くありました。相変わらずかわぐちかいじ氏のシュミレーションはドキドキさせてくれます。

ネタバレ注意。(^ ^)

「絶対に戦争はしない。」と言い切る内閣総理大臣、「国民の危機をどうやって守るのか!」と詰め寄る閣僚、「戦闘は止む無し、しかし絶対に戦争に広げる事はしない」と言う自衛官、戦争は絶対悪であり、二度と繰り返してはならないとそれを放棄した日本国憲法。話し合いの余地も無く容赦なく攻撃して来る侵略軍に対して「やらねばやられる」という目の前に現実をどの様に整合させるか?という厳しい問いは、決して正解は無いけど、最善の選択は有る筈、と最前線で指揮を取るリーダーの粘り強く諦めない姿勢とありとあらゆる状況を鑑みる視野の広さを持つ重要性を指し示しており、深みのあるヒューマンドラマを織り成していました。惜しむらくは小説は2時間で読めてしまうほど軽めの本になっていた事で、ボリューム的に少しモノ足らず原作を読まねばなるまいと思った次第です。

文字通り、空母いぶき炎上。

絶好のタイミングで、昨日、田村書店から電話があり、喜多川泰さんの最新刊をはじめ、お取り寄せをお願いしていた本が揃ったと連絡がありましたので、ついでに漫画の原作「空母いぶき」も全巻注文しておきました。また寝れない夜が続きそうで若干の心配もありますが、原作のかわぐちかいじ氏の緊迫したシミレーションの世界をを心ゆくまで楽しみたいと思います。そんなこんなで私の中で久々のかわぐちかいじ熱が随分と盛り上がっておりますが、ネット上でも空母いぶき問題が随分と燃え上がっておりまして、主演の総理大臣役の佐藤浩市さんのインタビュー内容を一部のみをかいつまんで批判した人のSNSへの投稿に便乗して佐藤浩二さんを批判した作家や知識人たちに対する批判が繰り返しツイートされて、ちょっとした炎上騒ぎになっています。文字通り空母いぶき炎上ってところでしょうか。(笑) わたし的には、こんな炎上ビジネス風の映画のプロモーションがあるのかと少し驚きましたが、これも今の世相を反映したやり方なのかもしれません。情報がありすぎて何が本当なのかわからない今の時代、せめてネタ元を自分で確認する位の慎重さを持たなければならないと思った次第です。ちなみに、こんな記事も。

首相をやゆと騒動、佐藤浩市「空母いぶき」インタビューは誤読と指摘 (1/2)


◆誰でも簡単に格安simが使える講座

日時:2019年5月21日火曜日 19:00〜20:30
場所:WAY OUT 〒651-0084 神戸市中央区磯辺通2-2-10 ワンノットトレーズビル2階
参加費:3000円(ドロップイン費用含む)
内容:人生最大の買い物は住宅もしくは保険と言われていましたが、今の時代はひょっとしたら通信費かも知れません。誰もがずっと使い続けるスマートフォンの費用を生涯分の計算すると莫大な費用になります。賢く暮らす為には毎月のランニングコストの無駄を見直すのはとても効果的です。気にはなっているけどなかなか見直せない通信費の仕組みを学んでいただくチャンスです!講座の目次は以下。
・利用するなら理解しておきたい格安SIMとSIMフリー
・トラブル防止に役立てたい5つの超重要キーワード
・良いことばかりで安いわけがない格安SIMの5つの注意点
・格安SIM契約用 簡易チェックシート

イベント申し込みはこちら→https://www.facebook.com/events/2151155984981151/


◆塾生絶賛募集中!ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

建築実務者向け実践型現場マネジメント研修
□ 第14期生  【 東京会場   2019年6月24日~ 12月6日 】
□ 第15期生  【 大阪会場   2019年7月19日~ 1月16日 】

職人起業塾14期、15期募集

◆【元祖】職人起業塾は無料でご参加頂ける原理原則系マーケティングの勉強会です。

次回の開催は5月30日(木)です。テーマはビジネスモデルキャンバスのフレームワークを使って「リフォーム工房おおばやし」のビジネスモデルを考案するホットシートのワークショップです。年間にのをスケジュールから変更になっており、場所も三木市での開催ですのでお間違いなく。

69回【元祖】職人起業塾&波動セラピー


◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

キングダムに学ぶUXデザイン思考法。

令和元年5月15日晴れ

人生は1日24時間の積み重ね。

水曜日は朝活の日。ゴルフコンペのシーズンもようやく1段落して、BNIの朝活にも代理を立てることなく出席できるようになったと思ったら、もう5月も半ば。この調子で行くとあっという間に上半期が終わってしまうのだろうなぁ〜と、光陰矢の如く過ぎ去って行く時間に若干の戸惑いを隠せません。未来と足元の両方を見ながら丁寧に時間を使いたいと改めて思います。とは言え、時間は誰にでも平等に1日24時間と決まっており、その単位の中でできることが1日の全てであり、ひいては人生の全てです。決まった時間の中でいかに未来につなげる習慣を持てるか、状態管理の精度がやりたいことをなせるかの要だと思っていて、私の場合、その習慣の1つとして寝る時間を削って夜中遅くまで本を読むようにしています。

ビジネス漫画としてのキングダム。

歴史小説を中心に様々な本を読み漁るのですが、先週一生懸命読んだのは現在実写版の映画が大ヒット中の漫画キングダムの42巻から54巻までの最近買いたした最新刊です。少年誌に連載されてある漫画なので単純に面白いと言う事はもちろんあるのですが、このキングダムは単に面白いと言うだけではなく、多くの示唆を与えてくれる非常に勉強になる漫画で、スタッフや職人起業塾の塾生にも推薦図書として読むことを推奨しています。一般的には大きな志を掲げるリーダーとともに理念を共有し、困難な問題を解決しながら個人と組織の両方が成長していく物語として、リーダー論や組織論を学ぶ参考書としてビジネスマンを中心に広く認められています。

UXデザインとキングダム。

今回私は、最近UXデザインに力を入れて学んでいることもあり、今までと少し違う視点でキングダムの最新号までを読みました。読みながらこれってUXデザインの学びと通ずるところがあるぞと感じたのでその部分を書き留めておきたいと思います。ちなみに、以前からこの漫画を読んで勉強になるなぁと思っていたのは、軍師が立てる「策」の重要性です。ここで言う策とは戦略と戦術を組み合わせたもので、兵士の数や配置、それらを動かす順番や連動、また兵士たちの練度や個の強さまでを鑑みて、自分と相手方のすべての動きを読み切って策を立てる軍師の姿が描かれています。「策」を立てるにはここまで、ありとあらゆる情報を把握していなければならないと言うことに気づかされます。

「その後の世界」をイメージしろ。

先週末に参加したXデザイン学校大阪分校のマスターコース#2で講師の佐藤さんが中国の決済サービスWeChatのプロモーションビデオ紹介してくれながら、この企業は4年前に既に凡ゆる業態での決済や予約を全てバーコードでまかなえる世界を予測していた。新しいサービスを考案する際ではそのサービスがどのような広がりを持ち、未だ解決されてない社会課題とどんな関わり合いになり、将来、どのぐらいの数の企業が提携を持ちかけてくるか、要するにその新たなサービスが普及した後、どんな世界を実現したいかまでをイメージし、読みきって考えることが非常に重要だ。と教えをくださいました。そんな奥深いところまで読みきって、サービスを立案しなければならんのか、と暗たんたる気持ちになりましたが、これってキングダム読んでて体験をしたなとふと思いついたのです。(笑)

未来を予見する力。

現在進行中のキングダム(の単行本の最新刊54巻で)は、後の始皇帝率いる秦国が中華統一の大志を掲げ、趙国に進攻を始めているところで、秦国の大将軍王煽と趙国の軍師李牧がお互いに知力の限りを尽くして相手の裏の裏を読む「策」を立てて攻防を繰り返しています。その策の立て方、罠の張り巡らし方、情報収集とその分析、そしてまだ見ぬ未来を強烈にイメージして実戦に移す姿は私たちが新しいサービスを立案し、実行するのと通ずるところがあると思ったのです。「読書は先人の人生の間接体験やで。」と私に教えてくれたのは書店を営んでいた父親です。改めて今一度、キングダム全54巻を読み返し、未来をイメージする力を養いたいと思った次第です。たかが漫画、されど漫画。キングダム強くお勧めします。(笑)


◆塾生絶賛募集中!ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

建築実務者向け実践型現場マネジメント研修
□ 第14期生  【 東京会場   2019年6月24日~ 12月6日 】
□ 第15期生  【 大阪会場   2019年7月19日~ 1月16日 】

職人起業塾14期、15期募集

◆【元祖】職人起業塾は無料でご参加頂ける原理原則系マーケティングの勉強会です。

次回の開催は5月30日(木)です。テーマはビジネスモデルキャンバスのフレームワークを使って「リフォーム工房おおばやし」のビジネスモデルを考案するホットシートのワークショップです。年間にのをスケジュールから変更になっており、場所も三木市での開催ですのでお間違いなく。

69回【元祖】職人起業塾&波動セラピー


◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

アキラとあきら

令和元年5月6日 晴れのち曇り一時雨

GW最終日。

長かったGWも漸く最終日。私個人としてはそもそも連休でも何でもなくて、普段とあまり変わらない毎日でしたが、それでも昨日の日曜日は1日まるまる完全オフの日として午前中はトレーニング、昼からは心易い仲間とバーベキューを楽しみながら子供たちとドッチボールをしてみたりと楽しい時間を過ごしました。今日はすっかり平常営業に戻り、稼働を開始された工場のクライアント先に新たな機械設備への投資に付帯する改修工事のご相談を受けに現地に伺ったり、設計チームのMTGを行ったりとお休み気分を切り替えて平常業務に励みました。

子供の日に歴史の本を。

昨日のBBQでは、子供の日と重なっていたので、子供達にプレゼントをあげようと思い立ち、近所の本屋さんに立ち寄りました。新元号に改元されてすぐのタイミングなので、この機会に日本の歴史に興味を持ってくれたらいいなー、なんて思い、3人の子供にそれぞれの年齢に応じた歴史の本を買いに行ったのですが、ついでに?iPhoneのamazonアプリのカートに溜め込んだ、買おうと思っていた本のリストを店員さんに告げて、在庫で在るものは購入、無い物はお取り寄せの注文をしておきました。

脱amazon活動継続中!

ネット通販で商品を探して買い物かごに入れらのなら、そのまま注文すればええやん、わざわざ近所の本屋さんで時間と手間ヒマかけて購入する意味ある?と思われるかも知れませんが、私、かれこれ3年くらい前からそれまで使い倒していたamazonをはじめとするネット通販で商品を購入するのをやめておりまして、特に本は絶対に地域の書店で買うようにしています。地域密着の事業に取り組み、次世代を受け継いでくれる子供達に今よりも良い環境を残したいと持続可能な自立循環型の社会、ビジネスモデルを標榜している私にとっては当然の事ですが、それ以前に地域の本屋さんで買いたいと思う理由があります。

オススメ本は全部読む派。

amazonで本を購入しなくなってから、直ぐに本が欲しい!と思わなくて済むように、自宅には常に読む予定の本が在庫?として溜まっている状態にしておりまして、このGWもその在庫を片付けるべく夜中まで読書に励みました。私が読むのは主に小説で、知り合いや尊敬する方が推奨された書籍は片っ端から読むようにしています。昨日読了した池井戸潤さんの「アキラとあきら」は同業の脇口社長が感動した!とアツイ感想をfbで述べられていたのを見て駅の書店で即購入しました。期待に違わず非常に心打たれる良書だったのでここでもご紹介しておきます。

アキラとあきら

amazonのサイト内の作品紹介を以下に抜粋して転載します

内容(「BOOK」データベースより)

零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

著者について

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞を、『下町ロケット』で直木賞を受賞。他の作品に、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』、花咲舞シリーズ『不祥事』、『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』『民王』『七つの会議』『ようこそ、わが家へ』『陸王』などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池井戸/潤 
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞を、『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

無知は罪。

このアキラとあきらを読んで、中小企業の経営者として胸に突き刺さるような痛みを感じると共に、自分がこれまで起業してから20余年、経営者として無知、未熟だったが故に失敗してきた数々の出来事が胸に去来して読んでいて苦しくなりました。ただ、池井戸ワールドのいつものエンディングでは胸がスッとする痛快で爽やかな結末を迎え、重苦しい想いが強い分、読み終えた後の清涼感は他の作品と比してもピカイチだった様に感じました。池井戸さんには今回も本質的な価値、目的意識と誠実さ理想を掲げる事こそが経営においても人生においても最重要であるとの示唆を与えてもらえた様に思います。

小説と同じ原体験と後悔。

この本の冒頭は山崎あきらの実家の工場が倒産して夜逃げ同然で引っ越すところから始まります。実は私は二十歳過ぎに父親から家業を継がないか?と言われた経験があります。私の父は神戸の元町で小さな書店を営んでおり、私は子供の頃からずっとその店にアルバイトとして手伝いに行ってました。父の影響で私が本が大好き人間になったのは大いに感謝しておりますが、その当時、私の周りに熱心に本を読む同世代の人は皆無で、本離れが激しいこのご時世に書店経営なんてまっぴらごめんです。と即、父の申し出を断りました。結局、それから数年で父の書店は無くなってしまいましたが、今振り返って見ても、自分を育ててくれた親の事業をにべもなく断った自分の選択を疑問に感じてなりません。ちょっとした後悔があるのも正直なところ。そんな体験を持った私にはこの「アキラとあきら」は胸に染み入る印象的な一冊となりました。脇口社長、良い本のご紹介ありがとうございました。


◆卒塾検定プレゼンテーション大会オブザーバー絶賛募集中!

半年に渡る職人起業塾の建築実務者向け研修の最終講を公開、オブザーバー参加者を募ります。職人的マーケティングの総論の振り返りと塾生による理論の実践の検証、また学んだ内容を研修終了後に実務に生かし成果に結びつける方法論を塾生達にプレゼンテーションして貰います。ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

大阪開催:https://www.facebook.com/events/417352392415050/

長崎開催:https://www.facebook.com/events/1226648524166948/


◆塾生絶賛募集中!ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

建築実務者向け実践型現場マネジメント研修
□ 第14期生  【 東京会場   2019年6月24日~ 12月6日 】
□ 第15期生  【 大阪会場   2019年7月19日~ 1月16日 】

職人起業塾14期、15期募集

◆【元祖】職人起業塾は無料でご参加頂ける原理原則系マーケティングの勉強会です。

次回の開催は5月30日(木)です。テーマはビジネスモデルキャンバスのフレームワークを使って「リフォーム工房おおばやし」のビジネスモデルを考案するホットシートのワークショップです。年間にのをスケジュールから変更になっており、場所も三木市での開催ですのでお間違いなく。

69回【元祖】職人起業塾&波動セラピー


◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

令和の初めに読むべき1冊 〜法令遵守が日本を滅ぼす〜

令和元年5月2日快晴

祝!令和。

平成の終わりから令和のスタートにかけて関西の空を覆っていた分厚い雲はようやく東のほうに立ち去って、今日は朝から気持ちの良い五月晴れの空が広がりました。巷では昨日の改元の瞬間を機に「平成最後の〜」から「零和初めての〜」に人々の興味は移ったようで、SNSを覗いてみてもそんなおめでたい投稿が花盛り。元来おめでたいというかミーハーの私もそれに乗っかって、昨日は令和一発目のゴルフコンペ、今朝は令和一発目のランニングに出かけ、ランチも令和一発目のラーメンを食べに行きました。あーおめでたい。(笑)

沈思黙考の1時間。

来週1度の習慣である10キロ程度のランニングは基本的に日曜日で、週の真ん中に走る事はほとんどありませんが、先週の日曜日が出張で早朝からの移動が続いて走れなかったこともあり、ゴールデンウィーク真っ最中で日中の予定が入っていないのをこれ幸と最高に爽やかな天気の下、大蔵海岸からの海沿いののお気に入りのコースを走ってきました。私にとって週に1度のランニングは健康の状態管理の面で非常に重要な意味合いを持っていますが、同時になかなか外部からの情報をシャットアウトしてオフラインの状態で考えに耽る時間を持てないを解消する意味もある貴重な沈思黙考の時間でもあります。

お祝いムード一色。

1時間程度、周りの風景を眺めながら物思いに耽りつつ、大蔵海岸から垂水までの往復で10キロ少しのランニングは明石海峡大橋ときれいな砂浜を見ながら走れるお気に入りのコースで今日のような天気の良い日は最高です。私はいつも走りながらコース内にある社寺仏閣には足を止めてお参りする様にしていて、もちろん今日も3つの神社にお参りしながらのランニングでした。いつもと少し違うのは海神社や舞妓六神社の鳥居の周りに改元と天皇陛下即位を祝う万歳の幟が立ち並び、手水舎には花が浮かべられるなどいつになく華やかに飾られてありお祝いムード一色となっていました。五月晴れの空と相まってなんとなく晴れやかな気分でいい汗をかくことができました。

世の中はすべからず表裏一体。

昨日のブログにも書きましたが、新しい令和の時代は令を大切にすべしとの示唆を与えられていると思っていて、辞書(漢字ぺディア)を紐解くとその意味を①いいつける。命じる。いいつけ。「令状」「命令」 ②のり。きまり。おきて。「訓令」「法令」 ③おさ。長官。「県令」 ④よい。りっぱな。と書かれています。走りながら想いを巡らせると、普段は深く考えない様な事も深掘りしたりするもので、思い出したのはずいぶん前に読んだ「法令遵守が日本を滅ぼす」という書籍です。「令を守り和を尊ぶ」のがこれからの時代を生き抜くヒントでは無いかとは思っておりますが、世の中は決して単純な構造にはなっておらず、複雑さを加速させています。すべからず表裏一体であると考えるのであれば、令を守ることに囚われ過ぎるのもまた危険性をはらむと思うのです。

法令遵守が日本を滅ぼす 法令遵守が日本を滅ぼす

法令遵守が日本を滅ぼす。

この本の著者である郷原 信郎氏は元検事で、コンプライアンス関係の書籍を数多く上梓されています。私は「法令遵守が日本を滅ぼす」以外は確か1冊程度しか読了していないと思うのですが、この本は非常に印象に残っている1冊で、最近とみに増えている不正や偽装が露呈する事件を目にする度にこの本に書いてあった「表面的な法令遵守は思考を停止させ、本質を見誤らさせる」という一文を思い出すのです。無論、法令を遵守しなくてもいい訳はありませんが、法だけ守れば良いんだと硬直的に考えるのは危険です。横断歩道を青信号で渡るという法に縛られて、何の迷いもなく信号が赤から青に変わって歩き出して信号無視の車に跳ねられる人が、信号無視して横断歩道を渡っていて事故に遭う歩行者よりも多いとの統計を聞くと、本質的に重要な自分の身を守るという意識を消し去ってしまう法の脆弱さを感じずにはいられません。

日本は法治国家にはなれていない。

私は、15年前から日給月給の外注扱いだった大工を正社員、正規雇用に切り替えて、未だに珍しい職人雇用の労働基準法への完全適合への取り組みを行ってきました。本来なら費用をかけて当たり前の社会保険等の従業員への福利厚生費は建築業界ではうやむやにするのが暗黙の合意の様になっており、国民保険、年金しかかけないで老後を迎えるのと、社会保険、厚生年金を40年間続けてのそれとの違いさえ口を閉ざしている現状があります。そもそも、法令は実際と全く乖離している現実が少なからずあり、建築業だけに関わらずコンプライアンス違反だらけが常態化しています。そういう私が聖人君主の様に正しい事ばかり行ってきたかと言うとそんなことはなく、自分でも気づいていないうちにパワハラ発言を(しょっちゅう?)行っていたり、複雑で実態とかけ離れている建築基準法の完全遵守を出来ていなかった事実に気付き、昔建てた物件の再チェックをしたりしており、正直頼りないものです。(涙)

古典に学ぶ。

令を尊ぶこれからの時代、カタチだけのコンプライアンスと表面を取り繕う法令遵守が蔓延する中、法令を守っていると言うだけの思考停止を回避するべきだと思います。私は労働基準法を遵守してきた、と言ってもこの15年間、法に定められた有給休暇を社員全員が消化したかと言うと、そんなわけはなく、厳しい業績の時に社員が全員、法律に則って有給を取得していたら、今まで事業は続いていなかったと思います。まさに、法令遵守が日本を滅ぼすパターンです。では、どうすれば良いのか?と考えた時、この度即位された天皇陛下の若き時代の語録に、「天皇になり(象徴として)日本国を統べ治めるには古典に学びたいと思う」と紹介されていたのが思い浮かびました。
単純に「法律で決まっているから良いんだよ」とか「法律には書いてないから良いんだ」と言った浅い思考ではなく、本質的な価値観と判断基準を自分自身で持てる学びをするべきなのだと思った次第です。。


◆卒塾検定プレゼンテーション大会オブザーバー絶賛募集中!

半年に渡る職人起業塾の建築実務者向け研修の最終講を公開、オブザーバー参加者を募ります。職人的マーケティングの総論の振り返りと塾生による理論の実践の検証、また学んだ内容を研修終了後に実務に生かし成果に結びつける方法論を塾生達にプレゼンテーションして貰います。ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

大阪開催:https://www.facebook.com/events/417352392415050/

長崎開催:https://www.facebook.com/events/1226648524166948/


◆塾生絶賛募集中!ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

建築実務者向け実践型現場マネジメント研修
□ 第14期生  【 東京会場   2019年6月24日~ 12月6日 】
□ 第15期生  【 大阪会場   2019年7月19日~ 1月16日 】

職人起業塾14期、15期募集

◆【元祖】職人起業塾は無料でご参加頂ける原理原則系マーケティングの勉強会です。

次回の開催は5月30日(木)です。テーマはビジネスモデルキャンバスのフレームワークを使って「リフォーム工房おおばやし」のビジネスモデルを考案するホットシートのワークショップです。年間にのをスケジュールから変更になっており、場所も三木市での開催ですのでお間違いなく。

69回【元祖】職人起業塾&波動セラピー


◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

 

 

超絶オススメ!論語物語。

平成31年4月22日晴れ

夏日!

朝の間は少し曇っておりましたが、その雲もすぐに消え去り日中は汗ばむ陽気、今日の神戸の最高気温は24度と初夏を思わせるような陽気というより暑いくらいの良い天気になりました。この調子だと今年の夏は思いのほか早くやってきそうです。今日昼から、強さを増してきた日差しの下、NPO法人ひょうご安心リフォーム推進委員会の定例会に出かけた際はとうとう歩きながらハンカチで汗を拭い、扇子を使ってしまいました。昨年の猛暑を思い出すと、暑すぎるのも困りますが冷夏は消費が落ちて不景気になると言いますし、早い内から冷たいビールで長く暑くなりそうな夏を乗り切りたいと思います。(笑)

 Zoomミーティング

午前中は事務所で、BNIのメンバーKさんと1to1のミーティングをZOOMなるインターネットを介したTV会議?で行いました。最近、このサービスを使われることが多いと耳にすることが続き、その便利さを以前から噂には聞いておりましたが、使ってみるのは今回が初めて。台湾のメンバーとはLINEのTV電話をよく使っておりましたので、一対一で使っている分には大して目新しさはありませんでしたが、複数名で会議をするのにはかなり使えそうな感触を得ました。それにしても、全国というか世界中どこにいても気軽に対面でのコミュニケーションが出来るのは考えたら凄い事で、私が子供の頃ならSFの世界の技術が、いつでも、どこでも誰にでも使えるようになったのはまさに夢の21世紀だなと、ムーアの法則と呼ばれるテクノロジーが加速的に進化し続ける新しい世の中をまさに体感した次第です。

 温故知新。

そんな近未来的なミーティングをしながら、雑談の中で「何かオススメの本ありませんか?」と訊かれました。迷わず私が即答したのは、ちょうど今、読んでいるところでもうすぐ読了する「論語物語」下村湖人著です。タイムリーだったのは、Kさんがいま熱心に読まれているのが、新しい日本の紙幣の顔となった渋沢栄一氏の「論語と算盤」だったことで、論語に興味を持っていたところに、私が「大学中庸はなかなか読むのが大変なのでストーリー仕立てにしたこの本は超オススメですよ」とアドバイスしたのがハマったようで、「すぐさま購入して読んでみます!」と喜んでもらいました、実際、私も大学中庸を何度も読み直しましたが、やはりなかなか腹落ちするのが難しかった経験があり、原理原則系マーケティングの根本的思考が論語にあると考えている私にとって「論語物語」は学び直すのにはもってこいの良書でした。塾生にも推奨図書として積極的に進めています。

 論語とマーケティング。

論語を学ぶことを私が強く推している理由である、マーケティング論と論語の関係をここで少し整理しておきたいと思います。私が15年以上も学び続け実践し続けてきたスティーブン・R・コヴィー博士の「7つの習慣」とその原則を元にマーケティングアクションを体系化したジェイ・エイブラハム氏、また、ビジネスを遂行するマネジメント理論をまとめられたドラッカー博士が揃って根本に据えられたのがインサイド・アウトの「内面の在り方」から変えようとの概念です。コヴィー、ドラッカー両博士が大の日本好きだったのは有名で、お二方の著書にも多分に東洋的な思考が盛り込まれています。また、ドラッカー博士の著書には「日本人がその意思決定過程に活用している原則は,一般(世界)に適用できるものである。それらの原則こそ効果的な意思決定の核心である」と書かれています。要するに、アメリカから渡ってきたマーケティング、マネジメント論の根本は日本からの逆輸入なのです。

 日本の発展の源。

日本資本主義経済の父と言われる渋沢栄一氏は「道徳無き経済は罪、経済無き道徳は寝言」の至言が有名な二宮尊徳翁に学んだとされています。私たちが子供の頃、どこの小学校にも二宮金次郎の銅像があり、その銅像で幼い日の金次郎が読んでいる本こそ大学であり論語です。江戸時代から明治維新と続く日本近代化の教育の根本が論語だった証左ですが、日本の商業が大きく発展したのは戦国時代を終えた後の江戸時代で、その当時、塾、寺子屋で武家のみではなく商人も学んでいたのは孟子、朱子学、陽明学と孔子を始祖とする儒学が中心だったのは明らかで、五常(仁、義、礼、智、信)という徳性を拡充することにより五倫(父子、君臣、夫婦、長幼、朋友)関係を維持することを教えた儒学の教えを経済活動で実践したのが、「伝国の辞」を表し、領主自らが在り方を正し、実践をもって城中、領民との信頼関係を構築し、破綻しかけた米沢藩を生き返らせた上杉鷹山です。

 消えた士魂商才。

アメリカのケネディー元大統領が尊敬する人物としてその名をあげて一躍世界から歴史上で卓越した経営者として脚光を浴びたと言われる上杉鷹山公からの、王道を求めて経済振興を果たす流れは、山田方谷→二宮尊徳→渋沢栄一と受け継がれ、鎖国政策によって西欧列強から大きく立ち遅れていた江戸時代末期から、明治維新で近代化を目指した日本が、昭和の第二次世界大戦での敗戦、植民地化の蹉跌もありながらも「ジャパンアズナンバーワン」と世界から注目され、世界第2位の経済大国に成長、復興した日本国民の驚異的な力の源になったと考えています。コヴィー博士やドラッカー博士がその驚異の成長ぶりと強さに着目し、研究されたのも決しておかしなことでは無いと思います。しかし、戦後の人口爆発に乗って高度経済成長、その後の地価q高騰によるバブル経済を経験した日本は欧米の短期決算、株主に向いた企業運営がスタンダートになり「士魂商才」と言われた渋沢栄一的な思考がすっかり褪せてしまったように思います。

 持続可能な経営概念。

現在、日本の企業の寿命は30年から更に短くなっていると言われています。長く続けばいいと言うものでも無いですが、それでも顧客への責任を考えると企業が存続する事は一つの価値である。と考えれば、世界最古の企業は日本にあり、100年以上継続して事業を行なえている事業所が世界で最も多いのも日本です。規模拡大ではなく、事業継続を事業の価値にするならば、日本式経営は世界でも類を見ない成果を上げ続けていると言っても過言ではありません。その根本は儒学の教えを色濃く反映している近江商人の三方よしに代表される、自分達だけが良けりゃ良いってもんじゃ無く、周りに関わる全ての人や環境を良くする「在り方」を持った日本人独特の商売感では無いかと思うのです。フロンティア精神に則って開発、拡大を継続し続けるのは、地球の面積、資源が有限である以上、どこかで行き詰まるのは自明です、昨今、新しい価値観の指標として世界的な盛り上がりを見せている持続可能な社会を目指すSDGsはまさに環境や異文化の共生であり、三方よしの考え方そのものだと考えれば、今こそわれわれはもう一度論語に学ぶべきではないかと思うのです。とにかく、論語物語、超絶オススメしますので是非一度、手に取ってみてください。新しい時代へのビジネスのヒントがきっとあると思います。(笑)


◆いよいよ明日!超久しぶりに地元神戸でセミナーします!

日時は4.23 場所は三ノ宮のオサレコワーキング「WAY OUT」です!

https://www.facebook.com/events/584553515377458/?ti=ia

絶賛募集中!ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

建築実務者向け実践型現場マネジメント研修
□ 第14期生  【 東京会場   2019年6月24日~ 12月6日 】
□ 第15期生  【 大阪会場   2019年7月19日~ 1月16日 】

職人起業塾14期、15期募集

◆【元祖】職人起業塾は無料でご参加頂ける原理原則系マーケティングに特化した勉強会です。

次回の開催は5月30日(木)です。テーマはビジネスモデルキャンバスのフレームワークを使って「リフォーム工房おおばやし」のビジネスモデルを考案するホットシートのワークショップです。年間にのをスケジュールから変更になっており、場所も三木市での開催ですのでお間違いなく。

69回【元祖】職人起業塾&波動セラピー


◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg