50年目の真実。三島由紀夫VS東大全共闘

令和2年3月23日 晴

春爛漫かよ。

暑さ寒さも彼岸まで。と言われるように春分の日を絡めた3連休が終わり、今朝は一気に春が本格化したように感じます。朝の散歩に出ると伊川の千本桜も蕾がほころび始めていました。暖かくなると人の気持ちも緩みがち、昨日までの3連休は大阪府知事、兵庫県知事の両方が大阪〜兵庫間の往来をを控える様に促していましたが、一部の自粛に飽きた人達がもうボチボチ新型コロナの感染リスクは収まったとばかり、ライブハウスで派手に盛り上がる様が朝のニュース番組で流れていました。怯えすぎての過度な自粛も困ったものですが、感染リスクから目を背けてそんなの関係ねー、とばかりの無責任な行動は話になりません。日本人はもっと極端から極端ではなく、中道を歩む中庸の精神を学ぶべきだと思う今日この頃です。

自粛的3連休の過ごし方。

私のこの3連休の過ごし方と言うと、別段、大阪府知事の要請を真面目に守ったわけではありませんが、偶然?神戸市内から西宮や尼崎までを行動範囲として、普段通りの仕事に勤しんでおりました。そんな中で、時間を見つけては1人でランニングして汗を流したり、友人と二人で街中に食事に出て地元の店を応援したり、ガラガラの映画館に映画を見に行ったり、夜中まで小説を読み耽ってみたりと、おとなしくも活動的な三日間でした。感染リスクを避けながらもできる限りの経済活動を行い、外出自粛が推奨されて自分1人の時間ができやすい時こそ、内面に目を向けて体や頭を鍛える時間を持つべきだと思い実践してみました。

生まれた頃の時代。

そんな淡々とした3連休を過ごしいた中で、少し刺激的だったのは、いつもと少し変わった趣向の映画を見に行ったことでした。「50年目の真実」とサブタイトルがつけられた三島由紀夫と東大全共闘とのバトルをドキュメンタリー映画として編纂し直した映画が公開されており、ファンとまでは言いませんが、三島由紀夫の作品も生き方も死に様も昔から大いに興味を持っている私(ファンやないか、笑)としてはポスターに書かれていた「圧倒的熱量を体感」したいと思ったのです。映画アプリの口コミも散々の悪評でしたし、実際、観てみると中だるみして眠気を誘う部分もありましたが、「政治の季節」と言われた日本中が揺れ動いた50年前の空気感は味わえましたし、まだ戦後の余韻が色濃く残っていたその時代が私がこの世に生を受けた当時のことであるのを再認識した次第です。

極右と極左は同源。

当時、時代の最先端の思考を誇っていた東大全共闘の面々が繰り広げる理論は、国境も人種も本来存在しない、本来の人間の持っていたはずの原点に回帰すべきだ、それが国家権力に支配されない解放区を作ることで、その為には手段を選ばない。と暴力も否定しない姿勢であったのに対し、そもそも暴力を肯定してきた三島由紀夫は強烈なナショナリズムで外国と日本を区別し、概念としての「天皇」の御旗の下、日本人としてあるべき姿を突き詰めるべきだと訴えておりました。右と左と一見真逆の対立軸のように思われる両者ですが、全共闘運動に火をつけて一気に大きく燃え上らせたのは日米安保条約締結への反対運動であり、それは結局、ナショナリズムに立脚していると考えると、口にする概念は違えども、全共闘のリーダー達と、三島由紀夫の危惧して正したいと思っている方向は同じなのだと感じ、子供の頃、学生運動に熱心だった近所のお兄ちゃんが極右と極左は同じ思想なんだと言っていたことを思い出しました。

言葉の持つ力。

冷戦の終結、共産主義国家の崩壊、あらゆる国の資本主義経済への転換で世界では(特に日本では)とうの昔にイデオロギーを誰も語らなくなりました。資本主義が圧倒的な勝利を収めたように見えますが、現代の世界情勢を俯瞰してみるとそれも盤石ではありません。経済成長一辺倒だった昭和〜平成時代から、令和に変わってSDGsに代表される持続可能な社会の構築という新しい価値観の軸が生まれつつあると感じていますし、目先の豊かさを追い求めるだけでは無い未来を標榜する価値観が潰えた共産主義に変わって欧米発の(強欲と言われる)グローバル資本主義の対立軸になると私は思っています。この映画の冒頭で三島由紀夫が1000人を超える東大全共闘の若者達に向けて語った「言葉の持つ力を検証してみたい」その一言が映画を観終わった後からも強く脳裏にこびりつきました。大きな時代の転換期こそ、リーダーは理想を語るべき。今の時代にこそ強いメッセージと時代にあった言葉の伝え方が必要なのだと感じた次第です。戦後の匂いを感じて育った50歳以上の方に強くお勧めします。


人事制度改革のワークショップやってます!

ちなみに、次回の人事制度改革によって現場人材を営業戦略がするワークショップは満員御礼にて締め切っておりますが、ある程度の人数が集まれば再度開催します。ご興味がある方は私(高橋)までご連絡ください。

【再再々開催決定!しましたが定員に達したため締め切りました】現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

実際の帳票や運用のファイル等を共有しながら、現場実務者に特化した人事制度の構築の足掛かりを掴んで頂けるワークショップです。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。

14時〜18時 終了後懇親会あり
参加費用:5000円 懇親会は別途5000円程度
場所:スペースアルファ三ノ宮
定員:10名
https://www.facebook.com/events/2443547285957763/?notif_t=event_calendar_create&notif_id=1583819544015256&__mref=mb


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg


【つむぎ建築舎 アシスタント大募集!】

新会社への事業移行に伴い、業務の精度を高めるべく建築設計業務のアシスタントを2名募集しております。業務内容はjwCAD、Walk in homeを使っての建築設計補助、データ入力作業、プレゼンテーションの作成などです。ご質問、問い合わせはこちら

【勤務地】  神戸市西区池上3丁目6ー7 つむぎ建築舎オフィス
【勤務時間】 出勤日数と共に自由。あなたが決めてください。自宅等でのテレワークも可。
【給与・待遇】時給1000円〜1500円、経験スキル等勘案の上優遇します。
【応募資格】 1級、2級建築士もしくはインテリアコーディネーターの資格要。
【その他】  社員登用制度あり、木の香りに包まれたオフィスです。

こちらからどうぞ→https://www.facebook.com/job_opening/181417909849899/?source=post_homepage_stream&__xts__[0]=68.ARD6cyeIcMZSQ6TGu83xmwesSQ6zHEfPzU4_k0NITGWtURKkYkoQjbhTzJOn8bBaPT1UvCIrMcfTxQG6ZIwCka4rGVq8Iss_DWv5zSPZQrQMLl-qYUSFFoeIX1yaP3_jCbgfUPaPg7G2D5Mu2DIERyY7pjpTdnfx5m8ngnoeswfCZ7ECM5L0_Oq_T3yVvsghBrOIiM2atdrbv8LmZQmnZSM3OPztiDM6i1Coz7Ugf1isWre3Uc0amQBKpUbxXCHD7OfKJkglww-cog3zXVMzz785Hg0UKjwFPvNlFkMfHvAZKxNzO8Q09NcrSKOR7r8EpVJWd-3AuB3547QazIQWD1JXgExxCR5ErTc8mmoXIBbmvuFc&__tn__=HH-R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください