日別アーカイブ: 2019年5月3日

古希と日本国紀。

令和元年5月3日 憲法記念日 快晴

連日の五月晴れ。

最高に気持ちの良い天気が続きます。今日も爽やかな五月晴れ、外に出てアウトドアライフを楽しむにはもってこいの絶好の行楽日和となりました。ゴールデンウィークはこうでなくちゃ、なんて思いながらも角では通常営業につき、私も事務所に出社して溜まったタスクをコツコツと片付けたり、工務店向けの情報集約サイト「チカラボ」に令和への改元記念のコラムを寄稿したりとデスクワークに励みました。夕方からは「たまには一緒に食事でもどう?」との妹の誘いで姪っ子や母親と一緒にイタリアンレストランでの食事会。今年は正月も会えなかった親族とゆっくりした時間を過ごしました。

古希のお祝い。

実は、憲法記念日は母親の誕生日で、なんとこのたび古稀を迎えたと言うおめでたい日でした。なかなか会うことない母親にお誕生日当日に直接お祝いの言葉をかけれたのは何年ぶりかさえもわからないですが、古希の記念と言うことも相まってとても喜んでもらえたし、私自身も胸の中がすっとするような良い時間でした。実は私、少年時代は随分と余計なことをあれこれとやらかして、警察のご厄介になることもしばしばで、母親には親不孝以外、何もした覚えがありません。また、16歳からほぼ一人暮らしをしており、17歳では神戸を離れ放浪の旅に出ていたこともあり、両親との関係は非常に希薄です。

一生勝てない相手。

とは言え、今の私があるのは母親に産んでもらったのはもちろんのこと、子供の頃に家庭内で受けた教育のおかげであるのは間違いなく、感謝の気持ちを持っていないわけではありません。ただ、長い間希薄な関係だったのと、ズバズバときついことを口にする母親と仲が良いわけではなく、この数年もずっと1年に1度、お正月に会うか会わないか程度の付き合いしかありません。それでも阪神大震災の後は母親が住んでいた団地が全壊となり、数ヶ月間我が家に避難しておりました。その時は毎日麻雀の強い母親に負けて悔しかった位が母親とのせいぜいの思い出です。ま、親には一生勝てないものなのでしょう。(笑)

親孝行したい時には・・・。

その母親は子供の頃から心臓が悪く、医師からは50歳までしか生きられないと言われていたとのことで、私たち兄弟を出産する際も心臓への負担を考えると自然分娩は難しいと言われ、帝王切開で私たちを産んでくれました。また、子供の頃から定期的に繰り返したX線による検査の影響で甲状腺がんになると言われていた通り30年ほど前にがんを発症し、私を含め誰もこんなに長生きをするとは思っていませんでした。親孝行したいときには親は無し。と言われますが、私としてはすっかりそのタイミングを逃しており、この度、母親の77歳のお誕生日に古希のお祝いをすることができたのは私にとっても非常に良かったです。おめでとうございました。

日本国紀

話は変わって、昨日のブログでは令和への改元のタイミングで読むべき書籍の紹介をしましたが、引き続きもう1冊本のご紹介をしたいと思います。「海賊と呼ばれた男」で一世を風靡し、「永遠の0」で日本中を泣かせた当代一のストーリーテラーであり放送作家としても活躍されている百田尚樹さんの「日本国紀」です。百田作品は「夢を売る男」などこのブログでも数冊を紹介しており、私の大好きな作家の一人です。小説への評価は非常に高いですが、TVのコメンテーターとして出演された際には自分の歴史史観を歯に絹着せぬ物言いで随分と賛否両論の物議を醸しており、中国や韓国に対しての鋭い舌鋒でも有名です。一般には「右寄り」と言われる百田さんがその歴史へのご自身の考えを存分に著した一冊です。

WGIPからの脱却。

飛鳥時代こ前の神話の時代から平成の終わりまでの日本史をギュッと凝縮したこの一冊、巷で右寄りと言われる感じは全く無く、私達が持っている認識と大きく違わない内容で、万世一系と言われ、世界最古の国体を守り続けている今の日本を作り上げてきた先人達、時の権勢者の良くも悪くも選択と結果をかいつまんで並べられていると言った印象です。読了して結局、百田さんがこの本を通して伝えたかったのはなんだったのか?と考えた時、最も重きを置かれたにはWGIP(ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム=戦争についての罪悪感を刷り込む洗脳)からの脱却では無いかとの印象を持ちました。

憲法改正と日本の安全保障。

近年になって日本人の自虐史観からの脱却と、連合軍(アメリカ)占領下で発布された日本国憲法を見直して自国民による憲法改正は大きな論議を呼んでいます。私としては実際に世界有数の軍備を整えた自衛隊は実質軍隊である以上、憲法との齟齬を解消すべきだと思いますし、戦争放棄の理念は素晴らしいですが、実際に中国から尖閣諸島への侵攻が現実化する今、9条の解釈も明確に整理しておくべきだと思っており、百田さんの言説があながちおかしいとは思いません。ただ、GHQに押し付けられた憲法だからと言って悪いとは限らず、第三者が草案を作ったからこそ理想を追求した事もあると思っていて、とにかく日本人は平和ボケから目を覚まして国民全員が活発な議論に参加するくらいの意識は持つべきだと思います。そんな事を考える良いきっかけなる一冊、オススメします。(^ ^)


◆卒塾検定プレゼンテーション大会オブザーバー絶賛募集中!

半年に渡る職人起業塾の建築実務者向け研修の最終講を公開、オブザーバー参加者を募ります。職人的マーケティングの総論の振り返りと塾生による理論の実践の検証、また学んだ内容を研修終了後に実務に生かし成果に結びつける方法論を塾生達にプレゼンテーションして貰います。ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

大阪開催:https://www.facebook.com/events/417352392415050/

長崎開催:https://www.facebook.com/events/1226648524166948/


◆塾生絶賛募集中!ご興味がある方はお気軽にお声がけください!

建築実務者向け実践型現場マネジメント研修
□ 第14期生  【 東京会場   2019年6月24日~ 12月6日 】
□ 第15期生  【 大阪会場   2019年7月19日~ 1月16日 】

職人起業塾14期、15期募集

◆【元祖】職人起業塾は無料でご参加頂ける原理原則系マーケティングの勉強会です。

次回の開催は5月30日(木)です。テーマはビジネスモデルキャンバスのフレームワークを使って「リフォーム工房おおばやし」のビジネスモデルを考案するホットシートのワークショップです。年間にのをスケジュールから変更になっており、場所も三木市での開催ですのでお間違いなく。

69回【元祖】職人起業塾&波動セラピー


◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg