日別アーカイブ: 2020年5月28日

ラーメン店で公式LINEに登録しない理由。

令和2年5月28日快晴

基礎コンクリート打設。

今日も朝からやっぱり工事現場へ。工事中のインターナショナルスクールの現場では、何とか予定通り基礎コンクリートを打設することができました。工事期間中何度か雨が降りましたが、大きくスケジュールを狂わされることもなく、これですっかり基礎工事担当になってしまっていた私の役目も1段落、緊急事態宣言も解除されたことですし、そろそろ経営者としての仕事に戻りたいと思います。

ラーメン屋さんのサービス合戦。

ちょうどお昼に立ち上がり基礎の天端レベリングまで首尾よく終わることができたので、帰社する道すがら、やっぱり現場近くのラーメン店でランチをとりました。先日のブログに書きましたが、今私が通っている現場近く、神戸市の北の端から三田界隈は思いのほかラーメン激戦区で、多くのラーメン店が軒を連ね、生き残りをかけたサービス合戦を繰り広げておられます。今日立ち寄った店でも、携帯充電用のコンセントを貸しますとか、ブランケットありますとか、温かいお茶も出しますとか、およそラーメン店では見かけないようなオリジナルサービスを展開されておられました。皆さんとてもがんばっておられます。

オンラインコミュニケーション。

ラーメンをすすりながら、ふと目にとまったのは、公式LINEアカウントにお友達申請をすれば100円割引になると言う告知のカードです。そういえば、この界隈のお店では同様のサービスを多くのラーメン店がされており、替え玉が無料になるとか、ライスが付いてくるとか、特典は様々ですが、オンラインでお客さんとつながるための努力を皆さん熱心にされておられます。800円程度のラーメンで100円割引をすると言うのは、利益率を考えると経営的には非常に勇気の要ることですが、何もしなければただ待つだけの飲食店にとっては、大きなコストを支払ってでも、お客さんとつながりたいと思われるのもわからなくはありません。

残念すぎる事実。

ただ、残念に感じるのは私がどこのお店の公式LINEにも登録していない事実です。しかもそれは、友達申請しての特典に魅力がないわけでも、二度と来る気がないわけでもなく、ただ何と無くQRコードを読み取るタイミングを逃してしまっている程度で、これといって深い理由がある訳でもありません。私もラーメンが百円安くなれば嬉しいですし、おまけで餃子がついてくれば喜んで食べます。多分、オーダーの際に店員さんに「お得ですから公式LINEに是非登録してください!」と笑顔で声をかけられたら間違いなくスマフォでQRコードを読み取って、ありがたく特典の恩恵に預かると思うのです。

店員が登録を勧めない理由。

お店としては、せっかく時間と費用をかけて、顧客と繋がるツールとして公式LINEアカウントの運用を行なっているのでしょうし、お客さんは登録するだけてお得なサービスが受けられる。双方にメリットがあるはずなのに、ラーメン店の人が積極的にLINEへの登録を進めないのは何が原因なのだろうと、考えながらお店を後にしました。私がいくつか思いついた理由としては、①LINEの登録者数が増えても集客に結びついておらず、意味がないと思っている。②お客さんに勧めたら断る人が多くて心が折れた。③なんのためにLINEを導入したか理解していない。④深い理由なく、ただ面倒くさい。⑤経営者が独断で導入して、店員は内容が理解できていない。等々で、本当の理由は何かわかりませんが、どれにしてももったいないのは変わりがないと思いました。

上杉鷹山公の教え。

私が主宰している研修事業「職人起業塾」のなかに、上杉鷹山の経営学というカリキュラムが組み込まれています。破綻しかけの米沢藩を、領民への愛情、相互間の思いやりをベースにして「在り方」を見直し、信頼の輪を広げることで豊かな藩へと大改革を成功させた偉人として有名な鷹山公が当時徳川幕府が改革に失敗した理由、改革を阻害するものとして6つの問題を提起されたと言われます。それは以下の6つですが、このラーメン屋さんのLINE問題も全く同じだと感じた次第です。

  1. 改革の目的がよくわからないこと
  2. 推進者が一部のエリートに限られたこと
  3. 実務者に趣旨の徹底がなされていないこと
  4. PR喚起がなされなかったこと
  5. 改革から生み出される価値を分かち合わないこと
  6. トップが指示命令のみで方法を押し付けたこと

スモールビジネスの鉄則。

これまで待ちの商売と言われて来た飲食店が、来店した客とオンラインで繋がりを持ち、お得な情報やお店のアピールを行なって再訪を促すというのは大きな改革といっても過言ではないと思います。近年、インターネットで食べログやホットペッパーなどのプラットフォームに広告を出して集客を行う手法が広く普及しましたが、その結果、少ない利益をプラットフォーム事業者に吸い上げられる構図が出来上がり、飲食店や美容室などで、お店に残る利益よりも宣伝広告費の方が多くなったという話がいくらでもあります。そんな中、コツコツと店舗に来たお客さんにリピートしてもらえるように繋がりを持つというのはスモールビジネスの事業者にとっては鉄則と言っても良いくらい非常に重要なはずにもかかわらず、LINE登録に対して客も店員もスルーしてしまっている現状は残念でなりません。

何をやるか、どうやるか、何の為にやるか。

何をやるか?よりも、どうやるか?変化を目指しての取り組みはどのレベルで行うかが非常に重要で、システムを導入した時点で、満足してしまっては何をやってもうまくいかないのは自明の理です。そして、どうやるか?よりもどうあるか。なんのためにそれをやるのかという目的意識を明確に持ち、それを全員で共有して向き合うことが、改革、革新の肝なのだと、ラーメン屋さんで改めて勉強させていただきました。激戦地のラーメン屋さんの公式LINEアカウントの残念な運用を他山の石として、自社の取り組みに生かしたいと思います。ごちそうさまでした。


株式会社四方継(つむぎ建築舎、つない堂)のHPリニューアルしました!

株式会社四方継 – 建築、暮らしだけじゃない、その先に –

つむぎ建築舎

つない堂

株式会社四方継


一般社団法人職人起業塾オフシャルページ更新してます。

古典的マーケティング理論を学ぶ場、一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。
原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。
全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。
その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。
https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】
無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

コトラー博士の予言。#アフターコロナのコミュニケーション

令和2年5月27日快晴

時間の有効活用。

水曜日は朝活の日。すっかりズームを使ったオンラインミーティングが定着してきて、今日も私は朝活の前、6時台には工事現場事務所に到着し、現場のチェックをしながらBNIの定例会に参加、その後は海外から一時帰国している友人というかお客さんと、介護施設のプランニングをご依頼いただいたクライアントと一緒に打ち合わせがてらゴルフ場でグリーンコミニケーション。コロナシフトの短時間でラウンドをさっさと終えた後はまた現場に戻って明日のコンクリート打設の最終チェックを行いました。コロナのおかげ?で時間を有効に活用できている気がします。(笑)

厳戒態勢が続く世界

全国的に緊急事態宣言が解かれて、徐々に普段の生活に戻っていくのかと思いきや、朝活BNIでは、対面式のミーティングは8月末までは行わないと言う決定を下されたようで、多分今期いっぱいの9月末までオンラインでの開催が続く見通しとの事でした。少し意外というか、全くの想像外で、緊急事態宣言が解除されて一安心して、普段通りの生活に戻ろうとしている私たちの感覚とは随分と乖離しているように感じましたが、BNIはアメリカ発祥の全世界に広がるコミュニティーだけに、世界の危機管理の意識はこんなにもレベルが高いんだと改めて思い知らされた感じがします。

後戻りできない変化。

中国では、新型コロナウィルスによる感染拡大がおさまり、外出制限が解かれた後は市街地も観光地も今まで外に出れなかったストレスを爆発させるかのように、多くの人で賑わう姿が報道されておりました。しkし、ヨーロッパをはじめ、その他の先進国においては警戒を強めながら段階的に制限を解いていく方向で、すぐに元どおりに戻ることはなくなっています。「普通の暮らし」の定義自体がは既に大きく変わってしまったのかもしれませんが、そうなれば二度と元に戻る事はない訳で、実際、私自身も早朝のミーティング、遠方で行われていた勉強会や会合がオンラインで参加できるようになり、ずいぶんと助かっていますし、この利便性を手放したくないと言う気持ちが強くあります。このままずっと、オンラインとオフラインの併用の開催になれば良いと思うのです。

コミュニケーションに対するパラダイムシフト。

とは言え、対面でのコミニケーションと、オンラインでのそれとはやはり同じではなくて、それぞれにメリット、デメリット、良い所と悪い所があると思っています。TPOに合わせて選択し、使い分けるべきだと思いますが、私の意識の中でこれまでと圧倒的に変わったのは、これまでオンラインはコミュニケーションの手法の一部との位置付けだったのが、コロナ後の世界ではオフラインと対等の地位を確立し、両極の選択になった事です。アフターコロナと言われる世界でこれまでの常識が大きく変わった、最も大きなパラダイムシフトの一つではないでしょうか。私達のように全国各地に足を運んで、研修講座や講演を行なってきた者にとっては事業形態の根本を見直さなくてはならなくなったと感じています。

コトラーの予言。

マーケティングの世界の大御所、コトラー博士はマーケティングの進化、成長についてその著書に著されておりました。作れば売れる時代を1.0、ニーズを汲み取って売り時代を2.0、モノではなくコト、顧客体験を提供するのを3.0として、その後、マーケティング4.0とは顧客の自己実現を叶えるスキームを備えれるようになるべきだと提唱されています。私は顕在化していない顧客ニーズを汲み取るために、顧客体験の観察調査と分析にその答えがあると考え、この数年間、熱心にUX(顧客体験)デザインを学んできて、現在、つむぎ建築舎では新築やリノベーションのプランに先立って、ヒアリングではなく顧客と一緒にワークショップを行うことを通して、その調査を行う様にしています。新たな仕組みは新たなコミュニケーションが必要になりますが、マーケティング4.0の中で、コトラー博士は「オンラインとオフラインでシームレスに顧客と繋がらなくてはならない」と書かれており、その意味が今、漸く理解できた気がします。

焦りと期待。

まだ、iPhoneが普及する前に現代のビジネスのあり方を予言したコトラー博士の凄さを改めて見直すとともに、対面と同等の意味や価値を持ち出したオンライン・コミュニケーションの使い方、向き合い方を真剣に考え、実践に落とし込まなければなければならないと感じています。同時に、時代に適合しながらも時代に流されず、そして時代の半歩先を進める気概を持って情報収集とその活用に努めなければ、気が付いた時には陳腐化の塊になってしまう危機感を強く感じており、若干の焦りも感じています。しかし、ピンチはチャンスを招くきっかけ、これが大きく良い方に転がる可能性もあるわけですから。この世の中が大きく変わる転換期、志を高く持って気合いを入れ直さないと、と自分に喝を入れてます。やる事はいっぱいだ。。


株式会社四方継(つむぎ建築舎、つない堂)のHPリニューアルしました!

株式会社四方継 – 建築、暮らしだけじゃない、その先に –

つむぎ建築舎

つない堂

株式会社四方継


一般社団法人職人起業塾オフシャルページ更新してます。

古典的マーケティング理論を学ぶ場、一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。
原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。
全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。
その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。
https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】
無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg